03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

MOVIE BOYS

  // 

映画が好きです。だから一生懸命観ます。面白いところをみつけて楽しみたいけど、時としてそれが出来ないこともあります。でもそれも映画です。

フォックスキャッチャー/誰も悪くない… 

フォックスキャッチャーデュポン財閥の創業者一族の御曹司、ジョン・E・デュポンがレスリングのオリンピック金メダリストを射殺した事件を『カポーティ』や『マネーボール』のベネット・ミラー監督で映画化した。御曹司ジョンを『ゲット スマート』のスティーヴ・カレル、ゴールドメダリストの兄を『キッズ・オールライト』のマーク・ラファロ、弟を『親愛なるきみへ』のチャニング・テイタムが演じる。

実話が元に、それも殺人事件が元になっているのだからストーリー自体は救いがない。でも関わったそれぞれの人間の心の底に秘めた想いを見せつけられると、ある種の諦観を持って受け止めざるを得ない、そんな作品だった。主人公は3人いる。ロサンゼルスオリンピックのレスリング金メダリストを獲った兄弟、弟はマーク・シュルツ(チャニング・テイタム)、兄はデイヴ・シュルツ(マーク・ラファロ)の2人と、アメリカ三大財閥の一つデュポン家の御曹司であるジョン・E・デュポンだ。このうちのマークとジョンを中心に物語は進んでいく。そもそもマークはずっと不満があった。
フォックスキャッチャー01
それはオリンピックの金メダリストにも関わらず、さしたる収入もなければ、人々からの尊敬の眼差しもない、自らの置かれた境遇に対する不満だ。ただしそれは表向きのこと。裏には別のコンプレックスがあり、それがジョンとの出会いで表面化する。それは兄に対する想い。必死で努力して得た結果を、全て兄のコーチのおかげ、兄の手柄として賞賛されることに内心忸怩たる想いを抱いていたんだ。一方のジョンはこれはこれでまた母親にたいするコンプレックスの塊だった。自らが愛してやまないレスリングを下品なスポーツだと決めつける母。
フォックスキャッチャー02
マークは兄のはなをあかしてやる、ジョンは母のはなをあかしてやる、要するにそれぞれの対象に自分を認めさせたいという欲求をもった2人にとってソウルオリンピックで金メダルを獲ることは何が何でも必要なことだったワケだ。子どもじみたと言ってしまえばその通りなのかもしれない。しかし、少なからず結果を出した人間にとって、それに対する周囲の正当な評価を得られないことはとてつもなく辛いことなのだろう。ただし、それが対等の立場の2人であれば相乗効果は得られたかもしれないが、ジョージは自らをコーチと呼ばせ、金もだす、要するにあくまでも彼にとってマークはコマでしかなかった。
フォックスキャッチャー03
そこがそもそもの不幸の始まりだったのだと思う。お互いに想いを共有し信頼しお互いを必要だと思っていたところが、ジョージは自分の想いを優先し始める。しかしそれを一体誰が非難できるというのだろう。あくまで自分の目的を遂行するためのパートナーとしてお互いを良い意味で利用し合えたならばこんなことはなかったのではないか。結局ジョージはマークの兄デイヴをフォックスキャッチャーへと呼び寄せることにする。もちろんそれは勝つためだ。マークのショックの大きさは想像に難くない。目的達成のために一番いてはいけない兄、しかし目的達成のために一番必要な兄、そしてその想いは口にできない。
フォックスキャッチャー04
少なくともジョージだけはその想いを共有し理解してくれていると思っていたところへの完全なる裏切り。類まれなる才能で国内予選は通過するものの、その実既にマークの心は折れていた。過去のVTRを見ながら自らへのマークの信頼を思い出したジョージが、デイヴを射殺するのは、マークへの罪滅ぼしであると同時に、裏切った自分への罰なのかもしれない。大切であり愛しているからこそ、言えない苦悩をこの映画では嫌というほど見せつけられる。誰が悪いわけでもない、それぞれが自分の目的を達成しようともがき努力し、その結果がすれ違ってしまった不幸な事件。そうでも思わないとやってられない。
公式サイトへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←Click Pleae♪
ストーリー:大学のレスリングコーチを務めていたオリンピックメダリストのマーク(チャニング・テイタム)は、給料が払えないと告げられて学校を解雇される。失意に暮れる中、デュポン財閥の御曹司である大富豪ジョン・デュポン(スティーヴ・カレル)から、ソウルオリンピックに向けたレスリングチーム結成プロジェクトに勧誘される。同じくメダリストである兄デイヴ(マーク・ラファロ)と共にソウルオリンピックを目指して張り切るが、次第にデュポンの秘めた狂気を目にするようになる。(シネマトゥデイ)



関連記事

テーマ: 映画レビュー

ジャンル: 映画

ドラマ(米)  /  tb: 8  /  cm: 2  /  △top

コメント

こんばんわ

この映画を見て思うこと。
それは少なくともデイヴ・シュルツが可哀想ということ。
普通に頑張っていた男。
ただ周囲からそれなりの正当な評価を受けていただけ。
それが裏目に出たというのが何とも悲しいですよ。

URL | にゃむばなな #-

2015/02/19 00:15 * edit *

▶にゃむばななさん

そうだよねぇ。
彼は何も悪いことはしていない。デュポンのために金メダルを獲ろうとし、弟に何としても金メダルを獲らせようとした。その想いに邪心はなくただ一生懸命。少なくとも殺されるようなことは全くしていないのは間違いないわけで。

URL | Caine #5spKqTaY

2015/02/19 00:41 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lovecinemas.blog100.fc2.com/tb.php/99-20bb5a3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フォックスキャッチャー

フォックスキャッチャー@一ツ橋ホール

あーうぃ だにぇっと

2015/02/14 21:54

フォックスキャッチャー

【FOXCATCHER】 2015/02/14公開 アメリカ 135分監督:ベネット・ミラー出演:スティーヴ・カレル、チャニング・テイタム、マーク・ラファロ、シエナ・ミラー、ヴァネッサ・レッドグレーヴ Story:大学のレスリングコーチを務めていたオリンピックメダリストのマークは、...

★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

2015/02/14 22:19

フォックスキャッチャー

財閥御曹司が金メダリストを射殺した事件を描く実録ドラマ「フォックスキャッチャー」。静かな狂気を漂わせるスティーヴ・カレルが素晴らしい。マークはレスリングのオリンピック ...

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

2015/02/15 00:03

フォックスキャッチャー (試写会)

大富豪の狂気 公式サイト http://www.foxcatcher-movie.jp2月14日公開 実話に基づいた映画原作はマーク・シュルツの自叙伝 監督: ベネット・ミラー  「カポーティ」 「マ

風に吹かれて

2015/02/15 13:15

フォックスキャッチャー

暗かった、、、

ハリウッド映画 LOVE

2015/02/16 18:50

『フォックスキャッチャー』

嫉妬と孤独が愛を憎しみに変えてしまうのか。 スティーヴ・カレルが不気味で怖い。とてもカリフォルニアを激走した40歳の童貞男とは思えないほど、あの半開きの口が怖い。 そして ...

こねたみっくす

2015/02/20 23:40

フォックスキャッチャー

フォックスキャッチャー '14:米 ◆原題:FOXCATCHER ◆監督:ベネット・ミラー「マネーボール」「カポーティ」 ◆出演:スティーヴ・カレル、チャニング・テイタム、マーク・ラファロ、シエナ・ミラー、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、アンソニー・マイケル・ホール、ガイ...

C'est joli〜ここちいい毎日を♪〜

2015/06/16 21:45

フォックスキャッチャー

【概略】 レスリング界で起こった実話を元に描くサスペンス。大財閥の御曹司、ジョン・デュポン率いるチーム“フォックスキャッチャー”と契約した金メダリストのマーク・シュルツ。だが、ふたりの主従関係は次第に崩壊していく。 サスペンス なぜ大財閥の御曹司は、オリンピックの金メダリストを殺したのか? 1996年1月26日、世界的な化学メーカー、デュポン社の創業者一族の御曹司が、レ...

いやいやえん

2015/09/07 08:47

△top