05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

MOVIE BOYS

  // 

映画が好きです。だから一生懸命観ます。面白いところをみつけて楽しみたいけど、時としてそれが出来ないこともあります。でもそれも映画です。

蜩ノ記/ちょっと目線が違わないか? 

蜩ノ記直木賞作家・葉室麟の小説を『雨あがる』や『博士の愛した数式』の小泉堯史監督が映画化した時代劇。主人公で主演は役所広司だが、岡田准一がW主演といったところか。他にも堀北真希や原田美枝子、寺島しのぶといった幅広い世代の実力派が揃っている。『雨あがる』も『博士の愛した数式』も、そして『明日への遺言』も小泉作品はみな大好きなんだが、どうもこの作品は今ひとつピンとこなかった。予告編を観て、俳優の演技は言うまでもなく、時代劇としての絵作りも素晴らしいと期待していたのだけど。
役所広司演じる戸田秋谷は7年前に藩主の側室に不埒を働いたという罪で切腹を命じられる。ただその切腹が10年後、即ち劇中ではあと3年で切腹しなければならないという設定だ。それまでの間、家譜の編纂を命じられるのだけれど、その秋谷を監視する役目として家老から送り込まれたのが岡田准一演じる壇野庄三郎だった。庄三郎は家老の甥ととある事件を起こしたのを救われ、謂わば家老に恩があるためこの役を引き受けざるを得なかったというのが物語の序盤に描かれる。

秋谷と生活を共にするうちに、次第に秋谷に惹かれ、何故秋谷が切腹を命ぜられなくてはならないのかを疑問に感じ調べ始める、それはいい。だが、この作品は別にミステリーではないのだから、そこに本題がないことは明らかなのだ。当然ながら秋谷の心の奥に秘められたモノは何なのかということになる。そんな誰でも見ていれば解る事を置き去りにして、日々の生活や過去の事実を映像で見せられても、初めから「そうじゃないだろ?」としか言い様がないのだ。

藤沢作品のような美しい日本を象徴するような所作があるわけでもなく、『柘榴坂の仇討ち』のような日本人の心を魂を表現するでもなく、モヤモヤに包まれたまま、ただ庄三郎が一人苦悩している姿が描き出されるのだが、この物語は彼のものではない。タイトル『蜩ノ記』は秋谷が綴ってきた日記の名前であり、だとするのであればもっと彼の目線で物語は展開されなくてはならないのではないか。少なくともそうは見えない。勿論最終的には秋谷が何故切腹を恐れることもなく覚悟を決めているのかは描かれる。だが、それは本当に最後の最後だ。庄三郎の目を通して秋谷の姿を、事件の真相を観たとしてもそれは『蜩ノ記』ではないと思う。

公式サイトへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

ストーリー:7年前に前例のない事件を起こした戸田秋谷(役所広司)は、藩の歴史をまとめる家譜の編さんを命じられていた。3年後に決められた切腹までの監視役の命を受けた檀野庄三郎(岡田准一)は、秋谷一家と共に生活するうち、家譜作りに励む秋谷に胸を打たれる。秋谷の人格者ぶりを知り、事件の真相を探り始めた庄三郎は、やがて藩政を大きく揺るがしかねない秘密を知るが…。(シネマトゥデイ)



テーマ: 映画レビュー

ジャンル: 映画

時代劇(日)  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lovecinemas.blog100.fc2.com/tb.php/9-5dd895c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蜩ノ記 ★★★★

直木賞作家の葉室麟のベストセラー小説を、『雨あがる』『博士の愛した数式』の小泉堯史監督が映画化した人間ドラマ。無実の罪で3年後に切腹を控える武士の監視を命じられた青年武士が、その崇高な生きざまを知り成長していく姿を師弟の絆や家族愛、夫婦愛を交えて描き出...

パピとママ映画のblog

2014/10/27 19:36

△top