10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

MOVIE BOYS

  // 

映画が好きです。だから一生懸命観ます。面白いところをみつけて楽しみたいけど、時としてそれが出来ないこともあります。でもそれも映画です。

アゲイン 28年目の甲子園/一球入魂、一球人魂、一球場入魂 

アゲイン 28年目の甲子園日本の高校野球OB達が出場するマスターズ甲子園を書いた重松清原作の「アゲイン」を映画化したスポーツヒューマンドラマ。主演は『柘榴坂の仇討』の中井貴一。共演に『がじまる食堂の恋』の波留ほか、柳葉敏郎、西岡徳馬、和久井映見、工藤阿須加らが出演している。28年目に目指す甲子園は彼らに何をもたらすのか…。監督・脚本は『風が強く吹いている』の大森寿美男。

いわゆるスポ根野球ドラマではなく、野球というスポーツに込めて登場人物それぞれの想いを表現したドラマで素直に感動した。波留演じる美枝が父・典夫に言われた「ちゃんと負けて、前に進め」この言葉がこの物語のテーマであり、登場人物全ての根底に流れている。美枝は最初「人間だれしも失敗はあるから、それを恐れずに反省して前に進めばいい」という風に捉えていたのだけれど、その受け止め方は恐らく観ている我々もそう大差ないんじゃないか。しかし実際はそんなに簡単な綺麗事ではなかった。主人公・晴彦は28年前に川越学院高校野球部として県大会の決勝まで行った男だ。
アゲイン 28年目の甲子園01
ある日彼の元を美枝が訪ねる。実は美枝の父・典夫は晴彦のチームメートだった。そこで彼女からマスターズ甲子園へ挑戦しないかと誘われるのだが、晴彦は高校時代の苦い思い出からそれを断る。実は美枝の父・典夫が高校時代に起こした問題のせいで、晴彦たちは県大会決勝を辞退するはめになっていたんだ。後で自分でも言うのだけど、要するにちゃんと負けるどころか、負けるチャンスすら奪われていたんだね。晴夫のチームメイト高橋(柳葉敏郎)も全く同じで、勝つにせよ負けるにせよ、人生の節目の一つを心ならず失ってしまうというのは、その人のその後の人生に疑問を抱かせてしまう。
アゲイン 28年目の甲子園02
そこまで行かなくても、心の隅にあるやりきれない思いを別の何かに振り向けようとし、それが本人の意図しない結果を招くことになるのかもしれない。もっともそれは野球というスポーツ、特に日本の高校野球とそれに打ち込む球児たちの想いがどれだけ強いのかということの証左じゃないだろうか。典夫は事件後も毎年チームメイトに出すことのない年賀状を書き続け、そこには「一球入魂」の文字があった。一球一球に魂を込めてプレーする。ベースボールではなくて野球、もっと言えば野球道に取り組む日本人の心を表現した言葉だけれど、幼いころの美枝は間違えて「一球人魂」と読み間違える。
アゲイン 28年目の甲子園03
でもさ、あながち間違いじゃないと俺は思う。一球入魂したそれぞれの一球には人の魂が宿るのだから。人の魂、それも一人ではなくチームメイトの魂がこもった一球をやりとりするからこそ、野球は日本にこれほどまでに馴染んだんだと思う。ちゃんと負けられなかった彼らは、その魂までも28年前に置いてきてしまったに違いない。紆余曲折はあるにせよ、彼らがマスターズ甲子園出場を決めたのはそれを取り戻したかったからなんだと思う。高校野球の聖地甲子園。俺は仕事で何度かグラウンドを訪れたことがあるけれど、野球部でも何でもない俺ですらちょっと異質な空気に緊張したものだ。
アゲイン 28年目の甲子園04
何千何万の高校球児の魂が込められた「一球(場)入魂」なのだからある意味当然だ。だから物語もさることながら、そこでパートナーと試合後にキャッチボールが出来るというマスターズ甲子園の企画が堪らなく嬉しかった。高橋は迷惑をかけ通しでも自分を支えてくれる妻と、そして晴彦は離婚してから仲違いしている娘・沙奈美とキャッチボールをする。実は晴彦は美枝とキャッチボールをする約束をしていたのだが、美枝はこっそり訪れていた沙奈美を見つけその座を譲ったんだ。百の言葉に勝る一球のキャッチボール。正に一球入魂・一球人魂。しかも晴彦は後日、ちゃんと約束した美枝ともキャッチボールをする。このシーンを観て俺は、この作品のキャストを含む作り手から野球に対する情熱と愛情が感じられたよ。野球が好きな人は観て損はない気持ちいい作品だった。
公式サイトへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←Click Pleae♪
ストーリー:ある日、晴彦(中井貴一)のもとを、高校時代共に甲子園出場を夢見た野球部仲間の娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。彼女は東日本大震災で亡くなった父親の遺品の中から、束になって投函されずに残っていた年賀状を見つけ、晴彦のところへやって来たのだ。その後晴彦は、美枝がボランティアとして参加する「マスターズ甲子園」に誘われ、昔の苦い思い出が頭をよぎるも…。(シネマトゥデイ)



関連記事

テーマ: 映画レビュー

ジャンル: 映画

ドラマ(日)  /  tb: 5  /  cm: 4  /  △top

コメント

こんばんわ

坂町がノリのグローブをつけて美枝とキャッチボールをする。
それはある意味ノリと美枝の親子キャッチボール。
これもまた高校野球に込められた「恩返し」の一部。
そのシーンで終わるところにも、深く熱い高校野球への愛を感じましたよ。

URL | にゃむばなな #-

2015/01/17 23:23 * edit *

▶にゃむばななさん

あのキャッチボールがまたいいですよね。
大切な仲間の娘はやっぱり仲間。自分と娘のキャッチボールをセットしてくれた美枝に対する感謝の気持ち。同時に親父が入魂した白球に次なる想いを込める。高校野球ってある意味日本の野球の根源かもしれません。

URL | Caine #5spKqTaY

2015/01/18 00:19 * edit *

先週見ましたが、ものすごく感動しました!
試合は原則90分以内だったり、4回以降は35歳以上の選手しか出場できないなど、独特なルールがあるのも斬新でしたよね!

捕手の山下が居酒屋で「おれはコントロールよりも今はコレステロールが気になる」と言っていましたが、今の現役の球児も何十年後かにはそういう親父ギャグを言うんでしょうね(笑)

絶縁状態だった娘と笑顔でキャッチボールをするシーンには、僕も泣きました。
野球好きはもちろん、そうでない人も感動できる作品でしたね。

URL | ミスターシネマ #SmD5F9mI

2015/02/26 18:00 * edit *

▶ミスターシネマさん

いい話でした。役者がまたいいんですわ。高校野球はこの人達のようにそれぞれの思いが特に強くこもっているスポーツなんで、そこには様々なドラマがありますよね。
川越はしばらく仕事で通ったんで、ロケ地をみてちょっとテンションあがりましたw

URL | Caine #5spKqTaY

2015/03/02 02:08 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lovecinemas.blog100.fc2.com/tb.php/85-24420388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『アゲイン -28年目の甲子園-』 2014年11月28日 よみうりホール

『アゲイン -28年目の甲子園-』 を試写会で鑑賞しました。 予想通りに泣ける映画でした。 ここまで泣けるとは思わなかった。良い映画です。 【ストーリー】  ある日、晴彦(中井貴一)のもとを、高校時代共に甲子園出場を夢見た野球部仲間の娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。彼女は東日本大震災で亡くなった父親の遺品の中から、束になって投函されずに残っていた年賀状を見つけ、晴彦のところへやって来たのだ...

気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)

2015/01/17 20:56

「アゲイン 28年目の甲子園」:裏テーマはラブストーリー

映画『アゲイン 28年目の甲子園』を試写会で観ました。ごひいきの波瑠ちゃん目当て

大江戸時夫の東京温度

2015/01/17 22:24

アゲイン 28年目の甲子園 (試写会)

いっきゅうひとだま 公式サイト http://www.cinematoday.jp/movie/T00189852015年1月17日公開 原作: アゲイン (重松清著/集英社「小説すばる」連載)監督・

風に吹かれて

2015/01/18 14:34

『アゲイン 28年目の甲子園』

一球入魂。一球人魂。 甲子園への出場という若き日の夢が叶わなかった三十路超えの元高校球児たちが再び夢の聖地を目指す大会:マスターズ甲子園。 この今年で12回目を迎える、参 ...

こねたみっくす

2015/01/19 23:25

『アゲイン 28年目の甲子園』('15初鑑賞9・劇場)

☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 1月24日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:00の回を鑑賞。

みはいる・BのB

2015/01/27 21:41

△top