10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

MOVIE BOYS

  // 

映画が好きです。だから一生懸命観ます。面白いところをみつけて楽しみたいけど、時としてそれが出来ないこともあります。でもそれも映画です。

TOKYO TRIBE/見どころは清野菜名のおっぱい? 

TOKYO TRIBE井上三太の同名人気コミックを実写映画化。近未来の東京を舞台に、ストリートギャングたちが繰り広げる抗争を描いている。監督は『冷たい熱帯魚』『ヒミズ』の鬼才・園子温。主演は『HK/変態仮面』の鈴木亮平と本職はラッパーのYOUNG DAISが熱演。共演に佐藤隆太、中川翔子、染谷将太、でんでん、窪塚洋介、竹内力といった個性的な俳優が揃う。清野菜名のアクション&ヌードも見どころ。

トライブって“族”って意味らしい。まあ観た感じ“族”というか“ストリートギャング”というか“チーマー”というか。主人公の一人メラ(鈴木亮平)はブクロWU-RONZのヘッドで、ムサシノSARUの中心人物・海(YOUNG DAIS)を目の敵にしている。最初はこの2人の争いかと思いきや話はどんどん広がっていったのには少々驚いた。因みに俺は音楽には全く興味がない人間なので、ましてやラップなんぞ正直どうでもいい。でも本職ミュージシャンじゃない俳優の素人感ありありのラップを聞くとちょっとガッカリする。YOUNG DAISなんて初耳だけど、やっぱりプロって全然違うね。
TOKYO TRIBE01
原作未読のせいか、話の展開がやけにざっくりとしているというか、悪く言うと雑に感じた。各地にトライブがありながら、それ同士の関わりはなんにも説明がないし。そもそもトーキョーって言っても広いんだけど、この6チームしか存在しないのかな?チームが支配している街は混沌としているけれど、それ以外は普通なんだろうか。それぞれを結構ヤバイ奴らが治めてるんだけど、それ同士の戦争とかはないのかね。何故か突然竹内力扮するブッバが実はトーキョーを支配しようとしているって話になるんだが、そのブッバすらも逆らえない大司祭がいて…。展開に説明がないから世界観が読みにくいったらない。
TOKYO TRIBE02
ブクロのメラも気がついたらブッバの下になってるし。物語では大司祭が、娘がトーキョーにいるから探せとブッバに命令し、彼がトーキョーを支配しようと動き出す。一応WARUとかいう軍団が動いてはいるんだけれど、大司祭が送り込んだ亀吉&ジャダキンスという恐ろしく強い連中も独自に動いていたりする。結果この双方も闘ったりするんだから意味がわからん。もっともそれ以上にわからんのが、6つのトライブが急に一致団結してブッバに対抗しよう!とか始めちゃうこと。熾烈な戦争を繰り返してきていただとか、元々仲が良かっただとか、それぞれの関係性が語られてないのに突然一致団結されても…。
TOKYO TRIBE03
なんかとりあえずラップのリズムに乗せて適当に構成してるだけで、ストーリーとしてはもうグダグダとしか言いようがないわ。というわけで必然的に見どころは撮影当時19歳の清野菜名演じるスンミぐらい。吉瀬美智子を若くしたような美人さんは、大胆におっぱい見せて揉まれちゃったりする。『海を感じる時』の市川由衣も出演してるけれど、個人的には彼女のおっぱいの方がいいな。白いデカパンはいて回し蹴りでパンチラどころかパンモロなのは『愛のむきだし』の満島ひかりそのもの。でもこの程度のアクションは大したことないというか遅い。なんか相手の動きを待ってるというか、呼吸が合ってない。どうも園子温監督はアクションの演出があまり上手くないと思う。
TOKYO TRIBE04
とりあえずメラが海のことを付け狙っているのに理由をハッキリ言わないままぼかしてるから、どうせくだらないことなんだろうなと思っていたら、本気でしょーもないことだったんで呆れたけれど、そのメラと海を演じた鈴木亮平とYOUNG DAISのなりきり演技だけは観ていてしっくりきた。いや、正確に言えば各トライブのヘッドで本物のラッパーの方々は雰囲気があって良かったな。逆に恐らく自前のブルース・リーの衣装着たしょこたんには一番ドン引き。あれはないだろう…。ここ最近の園子温作品の中では一番つまらなかったな。
公式サイトへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←Click Pleae♪
ストーリー:数多くのトライブ(族)がひしめき、それぞれが自分たちの暮らす街を暴力で牛耳る近未来のトーキョー。ブクロWU-RONZを率いるメラ(鈴木亮平)は、何かと敵視していたムサシノSARUのメンバーである海(YOUNG DAIS)と衝突する。そして、それが引き金となって、シンヂュクHANDS、ブッバ家や怪しげな者たちを巻き込んだ一大抗争が勃発してしまう。トーキョーの各地で暴力が吹き荒れるが、その一方でさまざまな愛と友情をめぐるドラマも交錯していく。(シネマトゥデイ)


テーマ: 映画レビュー

ジャンル: 映画

コメント

チョイスされた写真がこれでもかとパンモロすぎるのに笑った。

URL | ふじき78 #rOBHfPzg

2015/01/23 00:17 * edit *

▶ふじきさん

何でこんなおばちゃんパンツなんだよ…って思わない?
つか邦画のパンモロって結構この手のパンツよね。
何に気を使ってるのかしらん…

URL | Caine #-

2015/01/23 00:43 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lovecinemas.blog100.fc2.com/tb.php/83-30d03ebb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TOKYO TRIBE〜「超クダラネー」

公式サイト。井上三太原作、園子温監督。鈴木亮平、YOUNG DAIS、清野菜名、佐藤隆太、大東駿介、石田卓也、市川由衣、ベルナール・アッカ、丞威、高山善廣、松浦新、石井勇気、坂口茉 ...

佐藤秀の徒然幻視録

2015/01/16 21:43

『TOKYO TRIBE』

男は大きさではない、膨張率だ! これは園子温ワールドと園子温のマスターベーションの微妙な境目にある作品。ラップミュージカルという新たな世界観を新鮮と感じるか、玉石混交 ...

こねたみっくす

2015/01/16 22:46

△top