10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

MOVIE BOYS

  // 

映画が好きです。だから一生懸命観ます。面白いところをみつけて楽しみたいけど、時としてそれが出来ないこともあります。でもそれも映画です。

トラッシュ! この街が輝く日まで/その瞳は純粋で力強い 

トラッシュ『愛を読むひと』『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』のスティーヴン・ダルドリー監督、『パイレーツ・ロック』『アバウト・タイム 愛おしい時間について』のリチャード・カーティスが脚本を担当し、ブラジルのゴミ山に暮らす3人の貧しい少年たちが巻き込まれた事件の謎を解き明かしていくドラマだ。演じている少年たち以外にマーティン・シーンやルーニー・マーラーが出演している。

観終わった後の爽快感が予想以上だった。主人公の3人の少年たちのうちラファエル役のリックソン・テベスとガルド役のエデュアルド・ルイスはこれが初めての俳優系経験、ラット役のガブリエル・ウェインスタインはテレビドラマに出演経験はあるものの、映画出演は初めて。リックソンはリオデジャネイロの貧民街で暮らしているそうで、まさにラファエルを地で行く少年だ。なるほど道理でラファエルが警察官を見る目つきやが真に迫っていたはずだね。事の起こりは彼がゴミ拾いの時に財布を拾ったこと。プロローグでは一人の男が警察に追われ、自分の財布を放り投げるのだが、財布の落ちた先はゴミ収集車。しかも男は拷問の末警察に殺されてしまう。
トラッシュ01
つまりラファエルは人の命を奪ってでも取り返したい程の重要な秘密を秘めた財布を拾ってしまったというワケだ。恐らくは拷問で財布を捨てたことを聞き出したのだろう、警察はスグにゴミ山を漁る貧民街の住人たちを動員して財布探しを始めるが、一人の刑事がラファエル達が財布を持っていったことに気付く。最初は財布の中身が大金になると思っていた彼らだったが、そこに秘められた謎を解き明かし、込められた想いを知ることで、自分たちがそれを代行しようとするようになる。にしても刑事にとって、貧民街に生まれた人間たちはたとえそれが子供だろうと人間だとも思っていないというのがかなり強烈。ラファエルは最初捕まった時に拷問された挙句、そこらの路上で始末されかかるんだ。
トラッシュ02
文字通り虫けらのように扱われ、殺したからといってだからなに?という“あたりまえ”…。しかも彼らが唯一頼りにしていたのは周りにたくさんいる自国民の大人ではなくアメリカ人の神父ジュリアード(マーティン・シーン)とボランティアのオリヴィア(ルーニー・マーラ)。彼らは外国人、しかもアメリカ人故にそれなりの便宜は図られているようだが、その彼らとても国家権力の前では無力に等しい。要するに3人の少年たちは殆ど孤立無援なんだよね。警察に捕まれば間違いなく殺されるし。でもその究極の逆境を逞しく乗り切っていく少年たちの姿に感心しながら見入ってしまう。さて、ここから先はネタバレ込みで書くのでご注意あれ。
トラッシュ03
財布の中にはコインロッカーの鍵とアニマルロトが入っていた。で、そのコインロッカーの中には一通の手紙が。手紙の主は警察に追われて殺された男ジョゼ・アンジェロで、おじさんに宛てたものだった。物語が進むと語られるのだけれど、簡単に言うとジョゼは政治家サントスの賄賂の帳簿を奪って逃げたんだ。刑事たちも当然悪党の一員というワケだから、いうなれば汚職政治家(悪徳刑事)vs少年たちというとんでもない構図が現れてくる。何か一つの謎の真相にたどり着くと、そこにはスグに警察の手が迫る。この追いつ追われつは結構手に汗握る。まあ心のなかは「逃げろ逃げろ!」と応援してるんだけどね。そしてそのクライマックスが帳簿の隠し場所が分かった時だ。
トラッシュ04
これがまた少年と刑事の両方が同時に気付くんだよね。ベタとわかっちゃいてもこのドラマチックな演出は好きだ。彼らはなんでそこまでするのか。ラファエルは一言こういう。「だってそれが正しいことだから。」まっすぐにこちらを見据えるその瞳はあくまで純粋で本当に力強い。自分も含めて大人はそれが正しいからといって、全てそれに従った行動はとれないよね。しがらみでがんじがらめだし、失うものが多すぎるから。逆に彼らは自由でなにも失うものがない。もちろん彼らの置かれた環境からすれば自由だってちっともイイことありゃしない!って言うだろうけど。帳簿が表に出て彼らの勝利が決まった時、彼らはそれを喜ぶのではなく、念願だったビーチでの生活を堪能している。そんな少年たちの姿が本当に眩しかった。
公式サイトへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←Click Pleae♪
ストーリー:ブラジル・リオデジャネイロ郊外でゴミ拾いをして暮らす3人の少年は、ある日ゴミ山で一つの財布を見つける。その財布には世界を揺るがすとんでもない秘密が隠されていたことから、警察も総力を挙げて捜索に乗り出す。少年たちは「正しいことをしたい」と財布に隠された謎を解明すべく、警察のしつこい追跡をかわし命懸けで真実を追い求めていくが…。(シネマトゥデイ)



関連記事

テーマ: 映画レビュー

ジャンル: 映画

イギリス映画  /  tb: 9  /  cm: 6  /  △top

コメント

こんばんわ

いい映画だったんですけど、やっぱり『シティ・オブ・ゴッド』を思い出したせいか、この作品をブラジル人監督が撮った作品として見たいという想いに駆られてしまいましたね。

もしくはスティーブン・ダルドリー&リチャード・カーティスにちょいと期待が大きすぎたせいかも?
やはり欲張り過ぎは映画を見る目を曇らせますね。

URL | にゃむばなな #-

2015/01/14 23:48 * edit *

▶にゃむばななさん

俺はスティーブン・ダルドリー&リチャード・カーティスそれぞれの作品がもう大好きなので、やっぱ期待に違わずって感じでした。『シティ・オブ・ゴッド』は素晴らしい作品だと思うけど、なんというかこの2人の作品て結構シンプルで解りやすいのが好きなんです(笑)

URL | Caine #5spKqTaY

2015/01/15 00:34 * edit *

単純で分かりやすいし重くはないからみやすいエンタメに昇華してたよね。
原作ありとはいえリチャードカーティスの脚本も良かったね☆
あとオーディションで決まった3人がリアルでみずみずしい演技。
良かった🎵

URL | mig #JTxNwRAU

2015/01/15 14:27 * edit *

キラキラと眩しい

Caineさん☆
子供たちが本当にキラキラしてて、ゴミ山の中にいても美しかったわ☆
「シティーオブゴッド」的に重たい作品かと躊躇していたのだけど、Caineさんの爽快感というレビューで意を決して観てきました!
ラストの持って生き方が最高!

URL | ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2

2015/01/15 17:33 * edit *

▶migさん

あのオーディションの3人はなんせリアルだもんね。
変な話だけど、この作品に出ることで新たな人生が開けるかもしれないよね。マジな話で^^

URL | Caine #-

2015/01/15 21:14 * edit *

▶まだーむ

なんせ本物…だしね^^;でも彼らの眼力って凄いなぁと。なんか生きる意思みたいなものが強烈に込められているというか。でも大抵そうなると、何をしても生き抜く的なことになっちゃうんだけど、「それが正しいと思うから」って言えるのがやっぱ気持ちいいんだよなぁ。

URL | Caine #5spKqTaY

2015/01/15 21:17 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lovecinemas.blog100.fc2.com/tb.php/78-8af259d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『トラッシュ! この街が輝く日まで』 ゴミの山が宝の山になる

 監督は『リトル・ダンサー』のスティーヴン・ダルドリー。  脚本は『アバウト・タイム』のリチャード・カーティス。  昨年末にぴあの試写会で鑑賞。劇場公開は本日(1月9日)から。  主人公のラファエルはリオデジャネイロのゴミ山で暮らしている。そこで拾った財布が物語の発端だ。財布にはお金のほかに、IDカード、ポケットカレンダー、少女の写真、ロトカード、コインロッカーの鍵が入って...

映画批評的妄想覚え書き/日々是口実

2015/01/10 19:28

トラッシュ! この街が輝く日まで

公式サイト。イギリス=ブラジル。原題:Trash。アンディ・マリガン原作、リチャード・カーティス脚本、スティーヴン・ダルドリー監督。リックソン・テベス、エデュアルド・ルイス ...

佐藤秀の徒然幻視録

2015/01/10 19:31

『トラッシュ! -この街が輝く日まで-』 2015年1月10日 TOHOシネマズららぽーと船橋

『トラッシュ! -この街が輝く日まで-』 を鑑賞しました。 パスポートの19本目! 間におかわりで『フューリー』見てたわ。 仕事も忙しくなってきたので、ペースダウンですね。 今日は3本見たけど、クタクタで体力の衰えも感じた 【ストーリー】  ブラジル・リオデジャネイロ郊外でゴミ拾いをして暮らす3人の少年は、ある日ゴミ山で一つの財布を見つける。その財布には世界を揺るがすとんでもない秘密が隠...

気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)

2015/01/11 09:51

『トラッシュ! この街が輝く日まで』

(英題:Trash) ----またまた間があいたのニャ。 もうすぐ2014年も終るというのに、 ちょっとヤバくニャい? 「う〜ん。 仕事も忙しかったし、 PCの調子が悪いのもあったんだけどね」 ----まあ、言い訳はその程度にして、 今日の映画は? 「『トラッシュ! この街が輝く...

ラムの大通り

2015/01/12 16:06

『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』

恐れるな。事は成された。 イギリス人のスティーブン・ダルドリーが監督を、イギリスを拠点に活動するニュージーランド人のリチャード・カーティスが脚本を担当し、ブラジル人の ...

こねたみっくす

2015/01/14 23:50

トラッシュ!-この街が輝く日まで/TRASH

 「リトル・ダンサー」「愛を読むひと」「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」などの スティーヴン・ダルドリー監督×「ラブ・アクチュアリー」「アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜」など 監督としても名高いリチャード・カーティスが脚...

我想一個人映画美的女人blog

2015/01/15 14:22

No.473 トラッシュ! この街が輝く日まで

ブラジルのリオデジャネイロを舞台に、ゴミ拾いをして生活している少年たちの起こした行動が、やがて街に希望をもたらしていく様子を描いたドラマ。リオデジャネイロ郊外で毎日ゴ ...

気ままな映画生活

2015/01/20 23:02

トラッシュ!−この街が輝く日まで− ・・・・・評価額1650円

天使が、舞い降りた街。 ブラジル、リオのスラムを舞台に、ある暗号を秘めた財布を拾った事から、三人の少年が街を牛耳る巨悪と対決する。 「ビリー・エリオット」「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」のスティーヴン・ダルドリー監督、「戦火の馬」「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」のリチャード・カーティス脚本のコンビは、一見社会派の設定を用いて、一大エンターテイメントを作り上げた...

ノラネコの呑んで観るシネマ

2015/01/22 00:21

トラッシュ!この街が輝く日まで

【概略】 ゴミを拾って生活している3人の少年は、ある日、ゴミ山の中で財布を拾うのだが…。 ドラマ ブラジル、リオデジャネイロ郊外のスラムが舞台。ゴミを拾って生活している3人の少年は、ある日ゴミ山の中でひとつのサイフを拾う…。中身は、お金、ID、ポケットカレンダー、少女の写真、アニマル・ロトのカード、そしてコインロッカーのカギ。しかし、その財布には重大な秘密が隠されていた。 ...

いやいやえん

2015/06/11 09:06

△top