07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

MOVIE BOYS

  // 

映画が好きです。だから一生懸命観ます。面白いところをみつけて楽しみたいけど、時としてそれが出来ないこともあります。でもそれも映画です。

シン・シティ 復讐の女神/ハードボイルドは男性がいい 

シン・シティ 復讐の女神フランク・ミラー原作アメコミの実写映画化第2弾。監督は前回に引き続きロバート・ロドリゲスとフランク・ミラーの2人だ。出演しているのはミッキーローク、ジェシカ・アルバ、ブルース・ウィリスという前作メンバー。更に今回からは『ミルク』などのジョシュ・ブローリン、『50/50 フィフティ・フィフティ』のジョセフ・ゴードン=レヴィット、エヴァ・グリーンらが加わった。※TOHOシネマズスカラ座ほかで1月10日から公開。

『シン・シティ』から9年、前作ラストでは主人公の一人ハーティガン(ブルース・ウィリス)はシン・シティの支配者、上院議員のロアーク(パワーズ・ブース)のせいで自殺に追い込まれる。自分を守るために自殺した彼のために復讐を誓うナンシー(ジェシカ・アルバ)というのが今回のメインテーマだ。それにしてもフランク・ミラーのモノクロベースにパートカラーを持ち込んだ映像表現は相変わらず劇画テイストを強調してくれる。内容の善し悪しはともかく『シン・シティ』以後、『300<スリーハンドレッド>』『ザ・スピリット』『300<スリーハンドレッド>~帝国の進撃~』と、この劇画が実写になった映像表現は観ているだけでその独特の世界観を形作ってくれるのは間違いない。
シン・シティ 復讐の女神01
前作は3つのエピソードでハーティガン、マーヴ、ドワイトの3人の男の様子を描いていたけれど、今回は演じ手がクライヴ・オーウェンからジョシュ・ブローリンに変わったドワイト、新たに登場するギャンブラー・ジョニー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)、そしてナンシーの3人をメインに描いている。個人的に少し残念だったのが、前作では冒頭とラストに登場し、物語にピリリとアクセントを加えてジョシュ・ハートネットのような存在がいなくなったことと、好きなキャラクター・マーヴがやけに当たり前な男になっていたことだ。彼は前作では物語の主軸として語られるのだけれど、今回はナンシーやドワイトの手助けをするというサブキャラ的役割になってしまった。
シン・シティ 復讐の女神02
さて、サブタイトル通り、登場する男たちにはそれぞれ女神的な女性が存在する。ナンシーだけは女性だけれど、今回彼女の復讐に手を貸すのはマーヴだし、彼からすればナンシーは女神的な存在なのは前作から描かれている通りだ。天才的ギャンブラー・ジョニーはロアークにポーカーで挑み勝利するも、ブチ切れたロアークに指をへし折られボコボコに。挙句に勝利の女神であるコールガールのマーシーまで殺されてしまう。ポーカーではリベンジするも結局はロアークに殺されてしまうんだが、特徴的なのは今回彼だけが単身ロアークに挑み敗れるんだ。敗者の美学じゃないけれど、シン・シティに巣食う男としてはそのぐらいの方がカッコいいと俺は思う。
シン・シティ 復讐の女神03
ドワイトは元恋人エヴァ・ロード(エヴァ・グリーン)に利用されるんだが、なんたって彼は娼婦街オールドタウンの女王・ゲイルに愛される男。マーヴの力も借りてエヴァに復讐を果たす。エヴァ・グリーンが惜しみなく見せてくれるナイスバディはエロさというより、いかにも劇画!という感じで素晴らしい。パートカラーで見せるブルーの服にエメラルドグリーンの瞳がもう超美女だけどこの女はヤバイってのをこれ以上ないぐらい上手く表現していた。正直ここまで大胆に見せてくれるとジェシカ・アルバには分が悪いと思う。彼女が絶対にヌードにならないのは有名な話だけれど、脱がずにセクシーさを見せるには限界がある。復讐に心を蝕まれ、過激なダンスを演じる程度ではエヴァと対にはなれない。
シン・シティ 復讐の女神04
まあナンシーは元々悪女ではなく、シン・シティという掃き溜めの中の一輪の花的扱いだからそれでも良しということなのかな。可憐なイメージの女性が、自らの顔をガラスで傷つけてまで復讐に燃えるということで、その強烈な想いを伝えたいのだろうけれど、どうもこう取ってつけたというか、茶番ぽさが抜けないんだよね。まあ結果としては復讐は成就するんだけど。明らかに前作ありきの作品で、前作の人間関係も沢山出てくるので、間違いなく復習はしておいたほうが楽しめる。そうでないのならせめて公式サイトの人間関係図ぐらいはみて予備知識は仕入れていった方がいいだろう。ちなみにダイナーのウェイトレス役でレディ・ガガが出てくるんだけどこれってなんか意味あるのか?(笑)
公式サイトへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←Click Pleae♪
ストーリー:どこからともなく、ならず者たちが集う街シン・シティ。ストリップバーの看板ダンサーのナンシー(ジェシカ・アルバ)は、なまめかしいダンスで男たちを癒やしながら愛していた刑事ハーティガンに死をもたらした街の支配者ロアーク上院議員(パワーズ・ブース)に復讐(ふくしゅう)するチャンスをうかがっていた。だが、ロアークは手段を尽くして力を拡大、さらに悪女エヴァ(エヴァ・グリーン)の登場で街の腐敗は加速していく。そんな中、ギャンブラーのジョニー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)がロアークにポーカーで勝負を挑む。(シネマトゥデイ)





関連記事

テーマ: 映画レビュー

ジャンル: 映画

コメント

こんばんは♪

前作のほうが面白かったです。
それに前ほどのインパクトのあるキャラがいなかったように思いましたし、
マーヴの印象が薄くなってしまいました、、、
ラストの復讐シーンもあっけなかったように思います。
個人的にはジョセフが良かったんでまぁいいです 笑

URL | yukarin #-

2015/01/11 22:37 * edit *

Re: こんばんは♪

▶yukarinさん
ジョセフは今回唯一のハードボイルドでした。やっぱああでなくちゃ。別にヒーロー物見てるわけでは無いんで、最後に正義は勝つ的な展開必要ないんですけどね。俺はマーヴが好きだったので、なんかやたらお助けマンになっちゃったのがホント残念です。

URL | Caine #5spKqTaY

2015/01/12 02:50 * edit *

うん、マーヴの活躍もなかったしねー
エヴァのシーンに時間とりすぎかと。
ジョセフも良かったけど全体的に内容と、キャラが物足りなかった。
待たされた続編だけにちょっとがっかりかな。

URL | mig #JTxNwRAU

2015/01/13 23:25 * edit *

▶migさん

>全体的に内容と、キャラが物足りなかった。

ホントこれ。そもそもこの作品てキャラと内容がシンクロしてるからさ、良いキャラクターがいて良いエピソードになるというか。だからどっちかかけるともう「あれ・・・?」になっちゃう。むしろ感覚的には『ザ・スピリット』とかに近くなっちゃったかな。

URL | Caine #5spKqTaY

2015/01/14 01:58 * edit *

ケレンミが

前作のが良い。もっとウホウホ(^^♪遊びがあったねぇ
ノレたねぇ・・・ブルース氏がぁぁぁぁ(笑)
ケレンミの無さとか含めても遊びがあったのに
今作は「ふーん?!で?!」ってなっちゃってたし
なんかこー「ぐわっっっっ」と感っていうの?!
そういうの欲しかったな
女神って女神って。あ。そぉ?!程度!!!!ショボい使い方
最も私なんざ エヴァ・グリーンってキレイで良いけど
所詮は脱ぐしか能の無い女優になっちゃってる(演技力が無い)
でもって どーでも良くなっちゃってる人なんだけど
掴みは良いのに!あぁーあ💦ダメじゃん!

ってガガは、狙いだったりして!!!! 

URL | qだしょっ! #-

2015/01/17 21:40 * edit *

▶qちゃん

ああ、そうそう!

> 今作は「ふーん?!で?!」ってなっちゃってたし
> なんかこー「ぐわっっっっ」と感っていうの?!
> そういうの欲しかったな

まさにこれなんだよね。訴えかける力が弱くて、普通にヒーロー物みたいなお話になっちゃった。そんなんこの作品に期待してないのにさ。

URL | Caine #-

2015/01/18 00:14 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lovecinemas.blog100.fc2.com/tb.php/77-7b92ff83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『シン・シティ 復讐の女神』 (2014)

カルトな魅力がほとばしる、コミック・バイオレンス第2弾! 相当チャレンジングな作劇を試みながら不思議と後味は軽い、独特のノリを味わえる期待通りの第2弾ではあるのだが…!? 7000ドルで撮ったインディーズ映画『エル・マリアッチ』(92)で衝撃デビューを...

相木悟の映画評

2015/01/09 13:11

シン・シティ 復讐の女神

シン・シティ 復讐の女神@よみうりホール

あーうぃ だにぇっと

2015/01/09 22:32

シン・シティ 復讐の女神

&救いの女神 レディ・ガガ 公式サイト。原題:Sin City: A Dame to Kill For。ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー監督。ミッキー・ローク、ジェシカ・アルバ、ジョシュ・ブローリン、 ...

佐藤秀の徒然幻視録

2015/01/10 20:45

「シン・シティ 復讐の女神」:やっぱりカッコイイんだけど・・・

映画『シン・シティ 復讐の女神』、2005年の前作からもう10年にもなるのですね

大江戸時夫の東京温度

2015/01/10 23:45

シン・シティ 復讐の女神

評価:★★☆【2.5点】(P) 前作観てないので付いていけるか一抹の不安はあったが

映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

2015/01/11 20:44

『シン・シティ -復讐の女神-』 2014年12月22日 一ツ橋ホール

『シン・シティ -復讐の女神-』 を試写会で鑑賞しました。 こういうティストの映画は苦手だ。 ワースト候補である(笑) 【ストーリー】  どこからともなく、ならず者たちが集う街シン・シティ。ストリップバーの看板ダンサーのナンシー(ジェシカ・アルバ)は、なまめかしいダンスで男たちを癒やしながら愛していた刑事ハーティガンに死をもたらした街の支配者ロアーク上院議員(パワーズ・ブース)に復讐(ふ...

気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)

2015/01/11 21:31

シン・シティ 復讐の女神 ★★★

人気グラフィックノベルを基にしたクライムアクション第2弾。犯罪と欲望が渦巻く街シン・シティを舞台に、その支配者である悪徳議員へのリベンジを誓う者たちの姿を活写する。監督にロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー、主演にジェシカ・アルバ、ミッキー・ローク、...

パピとママ映画のblog

2015/01/11 22:23

シン・シティ 復讐の女神 (3D字幕)

【IN CITY: A DAME TO KILL FOR】 2015/01/10公開 アメリカ R15+ 103分監督:ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー出演:ミッキー・ローク、ジェシカ・アルバ、ジョシュ・ブローリン、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ロザリオ・ドーソン、ブルース・ウィリス、エヴァ...

★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

2015/01/11 22:28

シンシティ 復讐の女神/SIN CITY A DAME TO KILL FOR

本年度一発目はほんとつまらないのを観てしまったので 先に今月一番楽しみだったこちらから。 原作、フランク・ミラーとロバート・ロドリゲス監督が作り上げたコミックに忠実な世界観で映画化 「シンシティ」の続編は、すぐ撮るような勢いだったのに延期されついに...

我想一個人映画美的女人blog

2015/01/13 00:08

シン・シティ 復讐の女神

ジョセフとエヴァに注目 公式サイト http://sincity.gaga.ne.jp 原作: A Dame to Kill For (フランク・ミラー著)監督: ロバート・ロドリゲス  「デスペラー

風に吹かれて

2015/01/14 14:07

シン・シティ 復讐の女神

ジョセフ・ゴードン=レヴィットとエヴァ・グリーンに目が釘付け!

ハリウッド映画 LOVE

2015/01/14 18:58

シン・シティ 復讐の女神

シン・シティ 復讐の女神 '14:米 ◆原題:SIN CITY: A DAME TO KILL FOR ◆監督:ロバート・ロドリゲス 、 フランク・ミラー「マチェーテ」 ◆出演:エヴァ・グリーン、ジェシカ・アルバ、ミッキー・ローク、ジョシュ・ブローリン、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、ブル...

C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜

2015/01/16 20:46

『シン・シティ 復讐の女神』('15初鑑賞5・劇場)

☆☆☆-- (10段階評価で 6) 1月11日(日) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン3にて 13:50の3D版を鑑賞。

みはいる・BのB

2015/01/17 15:07

シン・シティ 復讐の女神  前作のが良いわ〜

監督:ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー出演:ミッキー・ローク、ジェシカ・アルバ、ジョシュ・ブローリン、ジョセフ・ゴードン=レヴィッ ト、ロザリオ・ドーソン、ブルース・ウィリス、エヴァ・グリーン、パワーズ・ブース、デニス・ヘイスバート、レイ・リオッ...

Said q winning

2015/01/17 20:29

8年目の狂気くらい大目に見ない フランク・ミラー ロバート・ロドリゲス 『シン・シティ 復讐の女神』 

昨年と比べるとややさびしいですが、今年もいろいろ控えております、アメコミ映画。そ

SGA屋物語紹介所

2015/01/23 22:37

映画「シン・シティ 復讐の女神」@TOHOシネマズ日本橋

 公開一週目の金曜日夜。日本橋自慢のTCXスクリーンが完備された、スクリーン8には20数名程度の閑散とした客入りだ。

新・辛口映画館

2015/01/24 23:49

シン・シティ 復讐の女神

SIN CITY: A DAME TO KILL FOR 2014年 アメリカ 103分 アクション/犯罪/サスペンス R15+ 劇場公開(2015/01/10) 監督: ロバート・ロドリゲス 『マチェーテ・キルズ』 フランク・ミラー 『ザ・スピリット』 製作: ロバート・ロドリゲス 製作総指揮: フラ...

銀幕大帝α

2015/07/06 14:00

△top