07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

MOVIE BOYS

  // 

映画が好きです。だから一生懸命観ます。面白いところをみつけて楽しみたいけど、時としてそれが出来ないこともあります。でもそれも映画です。

0.5ミリ/今回のサクラは可愛い! 

0.5ミリ『カケラ』の安藤桃子監督が自身で執筆した小説を映画化。とある事件がきっかけでその仕事と住む場所を失った介護ヘルパーの女性が、押しかけヘルパーとして様々な老人たちのもとに転がり込む。しかし押しかけられた老人たちは一様に彼女に好感を抱きくのだった。主演は監督の妹であり『百円の恋』の安藤サクラ。共演に坂田利夫、津川雅彦、草笛光子、柄本明といったベテランが顔を揃える。

3時間16分の長さを感じさせないのは、飾らない、偽らない、自然体の主人公サワ(安藤サクラ)の魅力に負うところが大きいと思う。サワは介護ヘルパーで、ある日派遣先の片岡家の奥さんから、冥土の土産におじいちゃんと添い寝して欲しいと頼まれる。ところが添い寝をした夜にとんでもない事件…というか事故に巻き込まれてヘルパーをクビになり、住んでいた寮まで追い出されてしまうのだった。あまりにもダイナミックなプロローグな上に、天涯孤独でホームレスという“なんじゃそら?”な彼女にグイグイと興味を掻き立てられる。ここから彼女は高知の町を転々としながら、ワケあり老人たちへの押しかけヘルパーになり、彼らとの交流が描かれていくことになる。
0.5ミリ01
でも交流といっても別に特別なことじゃないんだね。ご飯を作り、老人たちの話を聞き、その側に寄り添うってだけ。監督は介護をテーマにしてこの作品を作ったけれど、介護というより昔から日本にある年配者との普通のお付き合いに近いものを感じるんだ。サワと老人たちとの間の世代間ギャップを強調したり、価値観を戦わせたりはしない。でも例えば、老人たちから「~~しなさい。」と言われたら、「ハイ!」と気持よく返事が返ってくる、そんな心地良い関係を描いてくれている。もちろんだからってサワが大和撫子を体現した、おしとやかな礼儀正しいお嫁さんタイプかというとそういうワケじゃない。時に汚い口調で罵り、時に喧嘩し、時に脅し、ごく普通の30代の若者な一面も持っている。
0.5ミリ02
若いけれど古風、つまりそこにあるのは昔から日本にある、日本人が持っている“普通”の人間関係なんだ。朝起きると台所で(多分)お味噌汁を作ったり、洗濯物を取り込んだり畳んだりといった姿からはとても昭和が感じられてちょっとノスタルジックになる。安藤サクラその人がどんな人かは知らないけれど、でも俺は彼女の中にこうした一面が宿っていると思っている。あまりに自然なサワの姿は、それを全て演技として作り上げたのだとは思えない。余談だけれど、今回の彼女の笑顔はとてもキュートで素敵で、柄本佑がちょっとうらやましくなったよ(笑)さて、そんな安藤サクラが若くても素晴らしい女優なのは間違いないしよく解っていたけれど、今回は共演も凄い。
0.5ミリ03
特に一番の見どころは津川雅彦だろう。彼の演じる真壁義男は元海軍軍人で教師。エロ本を万引きしようとした彼をサワが見つけ彼のもとに押しかけるんだ。ま、追い出したらエロ本万引き犯だと言いふらすって脅したんだけどね(苦笑)しかし、サワとの交流が続く内に彼もまた彼女の魅力に引き込まれていく。ところが…彼は結果として認知症になってしまう…。そんな彼がサワの事を自分を取材に来た編集者だと思い込んで自らの戦争体験を語るシーンが有る。実はこれは安藤桃子監督が実際にとある老人に取材した内容を一言一句変えずに撮ったんだそうだ。7分にも渡るその一人喋りのシーンは津川雅彦のどアップがスクリーン中央に映り続けるだけ。
0.5ミリ04
もちろん相手は認知症だから、話している内容は何度も同じことを言うしループする。でも彼の想いや訴えたいことがこれ以上ないほどにダイレクトに俺達の心を打つ。正に名優・津川雅彦ここにありといった圧倒的かつ凄いシーンだった。このシーンではサワの声で質問がなされるが、これがまた重要。映像には映っていないけれど、恐らくはこのシーンは津川雅彦と安藤サクラの2ショットなんだと思う。物語としての結末は実は介護とは直接関係がない。一番最初にサワが押しかけヘルパーになるきっかけとなった片岡家のマコトに関わる出来事だ。しかし俺達的には「え?!」と驚かされる出来事だがサワにとっては「別にだから何?」程度だろう。つまりそれがサワであり、この作品の魅力そのものなんだと思う。
公式サイトへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←Click Pleae♪
ストーリー:介護ヘルパーのサワ(安藤サクラ)は、亡くなる前におじいちゃんと寝てあげてという派遣先の家族から突拍子もない依頼を受ける。そこで思い掛けない事件に巻き込まれて職を失い、無一文となり困窮したサワは、町で見掛けたワケあり老人の押し掛けヘルパーを始めることに。(シネマトゥデイ)



関連記事

テーマ: 映画レビュー

ジャンル: 映画

ドラマ(日)  /  tb: 3  /  cm: 2  /  △top

コメント

記事のタイトルである「今回のサクラは可愛い! 」が大事ですね。「百円の恋」みたいなヘルパーだつたら怖いもの(あの映画の最初でも最後でもどっちでもヘルパーとしては怖い)

URL | ふじき78 #rOBHfPzg

2015/01/22 23:58 * edit *

▶ふじきさん

あっちの映画の最初のヘルパーは怖いっちゅーかヤバイっしょwとなりでおじいちゃんヒーヒー言っててもめんどくさそうにチラ見して「チッ…」って言いながら雑に介護するに決まってるw
カワイイのは大事よ。人としての可愛らしさは、介護される側にとっても幸せの一部だもの♪

URL | Caine #-

2015/01/23 00:41 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lovecinemas.blog100.fc2.com/tb.php/75-1ef2e8df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

0.5ミリ〜安藤サクラのはまり役

公式サイト。奥田瑛二製作総指揮、安藤桃子原作・監督。安藤サクラ、織本順吉、木内みどり、坂田利夫、津川雅彦、土屋希望、井上竜夫、東出昌大、ベンガル、角替和枝、浅田美代子 ...

佐藤秀の徒然幻視録

2015/01/06 21:59

「0.5ミリ」

2013年・日本/ゼロ・ピクチュア配給:彩プロ 監督:安藤桃子 原作:安藤桃子 脚本:安藤桃子 撮影:灰原隆裕エグゼクティブプロデューサー:奥田瑛二プロデューサー:長澤佳也 さすらいの介護ヘルパーが行

お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法

2015/01/07 23:16

『0.5ミリ』をテアトル新宿で観て、一本で四本立てだなふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★主演安藤サクラもそらいいけど、長尺をコントロールして乗り切りった監督安藤桃子もいいのだ】 安藤サクラが魅力的だ。 『百円の恋』の安藤サクラは容姿 ...

ふじき78の死屍累々映画日記

2015/01/23 00:11

△top