07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

MOVIE BOYS

  // 

映画が好きです。だから一生懸命観ます。面白いところをみつけて楽しみたいけど、時としてそれが出来ないこともあります。でもそれも映画です。

恋愛アパート/マリリン軍人さんになる…の巻 

恋愛アパート1951年、マリリン・モンロー25歳の時の作品。と言ってもこの作品での彼女は完全に脇役で、主人公の夫婦を演じるのはジューン・ヘイヴァーとウィリアム・ランディガンだ。戦争が終わりやっと夫婦揃って幸せな生活を始めようかという矢先に次から次へと問題が降りかかってくる…。彼らのアパートの賃借人を演じるのがマリリン・モンローやフランク・フェイ。監督はジョセフ・M・ニューマン。

1951年にアメリカで公開され日本では未公開の作品だ。翌年の『ノックは無用』で初主演する前、まだ完全に脇役時代のマリリン・モンローの作品である。というと完全にマリリン中心で書いているが、要するにジューン・ヘイヴァーとウィリアム・ランディガンの主演作品だ。ある日戦争から帰ってきたジム(ウィリアム・ランディガン)が妻コニー(ジューン・ヘイヴァー)から知らされていた住所に行くとそこはアパートだった。それもそのアパートに住んでいるのではなく、彼女は彼の留守中にアパートごと買取り、そこの大家になっていたのだ。2年半ぶりの再会に歓びを爆発させる2人だったが、抱き合いキスをする2人を邪魔するように消防署の騒音や配水管の轟音が鳴り響く。
恋愛アパート01
本作はそんなボロアパートの大家になった夫婦と個性的な賃借人を描いたコメディドラマだった。ちなみに「恋愛アパート」という邦題は結果的には非常に上手いと思うのだが、原題「Love Nest」即ち「愛の巣」と言う方が皮肉が利いていてコメディらしいと思う。というのもこのアパートではジムとコニー夫婦以外に最終的には2組のカップルが成立するのだが、それぞれのエピソードが独特かつ個性的で面白いのだ。さて、ある日チャーリー(フランク・フェイ)という身なりもキチッとして知的で上品な老紳士が部屋を借りに来る。やけに女性に対して丁寧で、やたらと褒めまくったりする姿がどこか怪しいのだけれど、入居するなりいきなり同じ賃借人のイーディと恋仲になってしまうのだった。
恋愛アパート02
正直言ってそれらしき怪しい言動を観ていると、恐らく彼が結婚詐欺師だろうということは簡単に想像がつく。問題はそれがどのように明らかになって行くかだが、本作ではそれがほぼメインの流れと言って良いだろう。一方でお目当てのマリリンだが、これがかなり立たないと登場しない。彼女が演じるのはジムの軍の仲間、元軍人の女性ロバータである。この設定のせいだろう、マリリンがやけにキビキビした動きで、しかもいつもの可愛らしい声ではなく低いトーンで話しているのがぎこちなくて面白い。ある意味彼女のキャリアの中では貴重な役かもしれないが…。結局ジムは勝手にロバータを入居させてしまい、コニーは相手が超美女ということを知って嫉妬の炎を燃やすことに。
恋愛アパート03
と言ってもそこはコメディドラマ故にドロドロの展開になるはずもなく、むしろコニーを観ていると可愛らしいと思えるほどだ。この時25歳のマリリンの美しさや色気はそれはもう図抜けていて、ジューン・ヘイヴァーとの2ショットシーンではすらっと背が高くナイスバディなマリリンと如実な差があるのが良く解る。ただ物語的には単純にコニーの嫉妬話でしかなく、しかも本当にジムとの間にはやましいことが無いため彼女のエピソードはまったくと言ってよいほど盛り上がらない。一応ラスト付近でコニーとケンカしたジムが勝手に彼女の部屋で寝ていたのがバレるというシーンもあるのだけれど、チャーリーの結婚詐欺がバレるシーンと重なってしまうため、完全にグダグダで終わってしまうのだ。
恋愛アパート04
結婚詐欺問題、ジムの浮気(とコニーは思ってる)問題、そして更にもう一つの問題が夫婦に降りかかる。それは古いアパートの電気配線を改装しないとアパート自体が閉鎖されてしまうというものだった。費用は800ドル。結末に向かってこれら全ての問題が上手く絡み合いながらサクサクと解決して行く様子を観ているのはそれはそれで気持ちの良いものだった。もちろん予定調和に決まっているが、そもそもラブコメ作品でハッピーエンドが大前提なのだから何の問題もない。唯一疑問を感じたのが、チャーリーとイーディという老夫婦の間に双子が生まれたということぐらいだ。いくら「愛の巣」とはいえ、流石にこの“老齢出産”には無理があると思う(苦笑)
公式サイトへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←Click Pleae♪
ストーリー:夫ジムが帰還兵として故郷に戻ってくると、妻コニー(ジューン・ヘイヴァー)はとある古いアパートを買い取り大家になっていた。妻のアパート経営に懐疑的な彼だったが、コニーと共に改装を進めていく。あるひジムは軍で世話になったロバータ(マリリン・モンロー)を入居させるのだが、コニーは夫との仲を疑い嫉妬の炎を燃やす。一方でもう一人新しく入居した老紳士チャーリー(フランク・ウェイ)はとても知的で上品な振る舞いをみせるものの、どうもその行動が怪しい…。



関連記事

テーマ: マリリン・モンロー

ジャンル: 映画

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lovecinemas.blog100.fc2.com/tb.php/72-9bfe3abb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top