10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

MOVIE BOYS

  // 

映画が好きです。だから一生懸命観ます。面白いところをみつけて楽しみたいけど、時としてそれが出来ないこともあります。でもそれも映画です。

サンバ/シャルロットの素敵な笑顔 

サンバ『最強のふたり』のエリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュが再びタッグを組んで監督・脚本を担当したヒューマンコメディ。不法滞在の青年と、燃え尽き症候群のボランティア女性が惹かれ合っていく姿を描いている。主演は『ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2』のシャルロット・ゲンズブールと『X-MEN:フューチャー&パスト』のオマール・シー。この2人の豊かな表情に魅入られる。

ちょっと驚いたのが、アフリカから来て10年になるサンバ(オマール・シー)が未だに不法移民だという事。実際皿洗いを真面目に務めて、もうすぐ料理人の資格を得られる一歩手前まで来ていたのだから、それなりに生活の基盤だってあっただろうに。それでも普通に不法滞在だったなんて。…と思ったら公式サイトによるとビザのうっかり失効だと書いてある。そんなこと言ってたっけ…?そして片やアリスも何だかおかしな様子だ。自分より遥かに若い女の子にあれやこれやと指示されているところをみると、どうやらこの人は何かの新人らしい。実は移民支援協会にボランティアで来ている彼女は、燃え尽き症候群で休職中のOLだった。
サンバ01
シャルロットはまたしても心の病の役なの?なんかそんなんばっかりやな…と少々引き気味に観始めたのだが、ここから素敵な恋物語が展開されることになる。最初は国外退去命令を受けたサンバのためにあれやこれやと力になろうとするアリスだったが、残念なことに10年真面目に働いたサンバであっても、妻も子もない状態ではその決定が覆ることはなかった。仕方なく拘束されていた時に知り合った移民仲間ウィルソンとともに様々な仕事を転々とする。この2人の仕事の様子はコメディシーンたっぷりで面白い。真面目なサンバとお調子者のウィルソンのコンビは、2人が常に感じる不安の反作用なのかもしれないが、例えばビルの窓拭きのシーンで、コンテナの中で脱ぎ始めたりとハチャメチャだ。
サンバ02
ただそんな中、サンバとアリスの仲は少しずつ前進していく。それは恋のというより、相談相手として。ここがこの物語のユニークなところで、そもそもアリスがサンバを助けていたはずなのに、次第にサンバがアリスの心の支えになっていくんだ。サンバのそばに居て話をしているだけでとても落ち着いた表情を見せるアリス。そんな時のサンバの瞳は凄くキラキラしていて、観ているこちらまでほっとするような表情を見せてくれる。瞳の撮り方はそれなりに工夫はあるのだけれど、この表情の出し方はオマール・シーの名演技といえるだろう。もっともそれはシャルロットにも言える。ここ久しく病んだ役が多くて、それは女優としての実力のなせる業なんだけど、ファンとしてはちょっと寂しいのも事実。
サンバ03
ところが、この作品では久々に彼女のとてもキュートな笑顔が観られた。はにかむような笑顔はどこか昔の少女の面影が残り、『なまいきシャルロット』や『小さな泥棒』で彼女に恋い焦がれた身としてはもう嬉しくて堪らない。楽しそうにダンスを踊るシーン(ただし相手はウィルソンだが…)のスカートスタイルの彼女を観ていると、若かりし当事にソフィー・マルソー派ではなくシャルロット派だったことを思い出して一人ほくそ笑んだりしてしまう。さて、ウィルソンのお節介もあって2人はお互いにかけがえのない関係になっていく。1年後にビザの申請をするまでは大人しく、警察に目をつけられないように生活をしていこうとしていたサンバ。
サンバ04
しかし、彼の犯した一つの過ちが今の幸せを壊すことに。拘束されていた時に知り合った仲間の結婚相手につい手を出してしまったことがその相手にバレたのだ。もみ合いの末に運河に落ちた2人…そしてサンバだけが生き残る。が、しかし直前にサンバと上着の交換をしていたせいで警察にはサンバが死んだことに…。そんなサンバにアリスが示した解決案は褒められたことでは無いのかもしれないが、この物語ではそのへんの結末を上手くぼかしている。でも苦しい時だっていつも笑顔を忘れず誠実であろうとするサンバのことだからね、どんな道を選んだとしても明るい未来であることは間違いないと思う。
公式サイトへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←Click Pleae♪
ストーリー:アフリカからフランスに来て10年になるサンバ(オマール・シー)は、料理人になるべく頑張っていた。ある日、ビザの更新に気が付かなかったことが原因で国外退去命令を受けて拘束されてしまう。サンバのためにやってきた移民協力ボランティアのアリス(シャルロット・ゲンズブール)は、以前燃え尽き症候群によって大企業を辞めたことがあったが、厳しい状況でも明るいサンバに興味を持ち…。(シネマトゥデイ)



関連記事

テーマ: 映画レビュー

ジャンル: 映画

ドラマ(仏)  /  tb: 3  /  cm: 6  /  △top

コメント

素敵な笑顔

Caineさん☆
シャルロットの大ファンだものね~
私も見ながら思い出してましたよ。
ほんと、今回の彼女は素敵でした!
心を病んでいるときの表情から一転してぱあぁあああっと笑顔になるところなんて本当に素敵☆
ダンスのところも魅力的だったわ。

URL | ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2

2014/12/29 00:29 * edit *

Re: 素敵な笑顔

素敵だよねぇ^^
たまにはこんな可愛らしい作品に出て欲しいですよ。いつもいつもトリアー監督に付き合ったような病んでる作品ばっかじゃなくてね。(いや作品そのものは悪いとは思わないんですけど。)
今回俺はほんま嬉しかったです^^

URL | Caine #5spKqTaY

2014/12/29 00:38 * edit *

オマールシーが気になってたけどやっぱりパスしちゃった
今年のシャルロットはやっぱりニンフォだな〜 ふふふ。

URL | mig #JTxNwRAU

2014/12/29 00:40 * edit *

Re: タイトルなし

▶migさん
うんまあパスでもいいっちゃいいかもよ。作品自体は『最強のふたり』の方が良かったかな。でもオマールとシャルロットの笑顔は結構癒やされたというか和んだというか。なんかいい感じだなーって見入っちゃったw

URL | Caine #5spKqTaY

2014/12/29 00:48 * edit *

こんにちは!

こんにちは、ここなつと申します。…すみません。シャルロット・ゲンズプールがお好きなのに、この役柄についてはちょっとアレ…なレビューをTBさせていただいちゃいましたので、申し訳ない!です。
役者で言えば、私はタハール・ラヒムが本作では頑張っていた、と思います。

URL | ここなつ #-

2015/01/06 14:38 * edit *

Re: こんにちは!

▶ここなつさん
もちろん好き嫌いは人それぞれだと思いますからそれはそれで構いませんよ^^
タハール・ラヒムの今回の役は、脇役といえども非常に重要ですよね。
一応この作品、コメディ映画に分類されるらしいのですが、それは彼の存在あってこそだろうと思います。

URL | Caine #5spKqTaY

2015/01/06 21:54 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lovecinemas.blog100.fc2.com/tb.php/66-7f91141a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サンバ/オマール・シー、シャルロット・ゲンズブール

『最強のふたり』の監督&主演のエリック・トレダノ監督とオマール・シーが再タッグを組みさらに共演に大女優シャルロット・ゲンズブールを迎えて、国外退去を命じられ青年と彼を ...

カノンな日々

2014/12/28 18:37

サンバ〜名無し化する移民

ニンフォマニアックのスピンオフ的コメディ 公式サイト。フランス映画。原題:Samba。エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ監督。オマール・シー、シャルロット・ゲンズブール ...

佐藤秀の徒然幻視録

2014/12/28 19:11

「サンバ」☆踊りだけサンバ

ちょっと期待しすぎちゃった。

ノルウェー暮らし・イン・原宿

2014/12/28 23:39

△top