09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

MOVIE BOYS

  // 

映画が好きです。だから一生懸命観ます。面白いところをみつけて楽しみたいけど、時としてそれが出来ないこともあります。でもそれも映画です。

毛皮のヴィーナス/ヴィーナスは男の本性を暴き出す 

毛皮のヴィーナスレオポルド・フォン・ザッヘル=マゾッホの小説「毛皮を着たヴィーナス」にインスパイアされた戯曲を、『おとなのけんか』『ゴーストライター』のロマン・ポランスキーが映画化。出演しているのは監督の妻でもあるエマニュエル・セニエとマチュー・アマルリック。2人は『潜水服は蝶の夢を見る』でも共演している。芝居と現実を行き来しつつ演じられる2人芝居が絶妙な空間を作り出す。

SMのMはマゾの意味だが、そもそもレオポルド・フォン・ザッヘル=マゾッホから来ているとは初めて知った。この作品はまさにSMの如く相手を支配する側と支配される側の2人で進んでいく。マチュー扮するトマは演出家で脚色家、そしてエマニュエル扮するワンダは無名の女優だ。トマは自分の舞台「毛皮のヴィーナス」の女優を劇場でオーディションしているが、予定の時間を2時間以上過ぎてからワンダは現れる。なんとかオーディションを受けさせてくれと頼み込むワンダと、もう帰るとつれないトマ。当然ながらこの時点でその空間を支配しているのはトマであり支配されているのはワンダだ。
毛皮のヴィーナス01
しかし渋々ワンダのオーディションを認めたことからこの関係が徐々に逆転していく。仕方なく相手役を務めるトマ。ところが演じ始めると思わずハッとするほどにワンダは役になりきっていた。当たり前だが当然このワンダという女性自体をエマニュエルが演じているわけで、そこから更に別の人格に変化し空気までもが変わってしまう演技力には、それこそトマでなくとも驚かされる。ワンダが演じるワンダ役はトマが演じる男性を奴隷契約で縛るのだが、暫くの間は現実と芝居の世界はクロスした状態で描かれていく。即ち、芝居中は当然ワンダがトマを支配するが、現実に戻れば逆になるワケだ。
毛皮のヴィーナス02
ところが!トマはワンダの演技力に心酔し徐々に彼女に逆らえなくなっていく。最初は自分の脚本にケチをつけたりすると怒っていたのが、次第に彼女のいうがままになっていくんだね。結局芝居の中でも現実でもワンダはトマを支配し始めてしまうんだ。ここがまたマチューの素晴らしい演技なんだが、彼女の芝居に心酔するトマと、彼女に支配されることに陶酔するトマという異なる被支配を演じ分けているのがお見事としか言いようがない。現実では途中何度か被支配から抜けだそうともがくものの、結局は自ら望んで支配されていくあたりも見ていてその変わり様が面白い。
毛皮のヴィーナス03
だがしかしこの作品はまだそれだけでは済まなかった。残り10分からが更に驚かされるんだ。ワンダは上手くセリフが言えない!とヒステリックになり、代わりにトマがそのセリフを言ってみせることに。なんとトマはワンダ役を見事に演じてみせる。するとワンダはそこで急遽役の入れ替わりを宣言するんだ。それじゃ支配被支配も再度逆転するのか?と思いきや…。そもそもこの芝居は奴隷契約で支配されてきた男が、最後に来て自分の主人ワンダを逆支配するに及ぶというストーリー。しかし今ワンダ役を演じているのはトマで、男を演じているのはワンダその人だ。要するにトマとワンダの間の支配被支配の関係は変わっていない!
毛皮のヴィーナス04
要するにトマは常に支配される側、ワンダは支配する側なんだね。この作品は、単純に支配する側とされる側が逆転するという物語でなく、その変化の中にも階層が存在し、トマは徐々にその深部から抜け出せなくなっていく、正にマゾヒズムに目覚めた男のお話だと言える。もちろんそれを目覚めさせたのは毛皮のビーナス・ワンダなのだけれど。この階層ごとの人物を表現するのは非常に難しい。薄皮を重ねあわせた人間からそれを一枚一枚剥いでいくような演技は、この2人の素晴らしい演技力あってこそ成立するのだろう。2人の創りだす空間に引き込まれた。
公式サイトへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←Click Pleae♪
ストーリー:高慢で自信に満ちあふれている演出家トマ(マチュー・アマルリック)は、あるオーディションで無名の女優ワンダ(エマニュエル・セニエ)と出会う。品位を全く感じさせない彼女の言動や容姿に辟易(へきえき)するトマだったが、その印象とは裏腹に役を深く理解した上にセリフも全て頭にたたき込んでいることに感嘆する。ワンダを低く見ていたものの、オーディションを続けるうちに彼女の魅力に溺れていくトマ。やがて、その関係は逆転。トマはワンダに支配されていくことに、これまで感じたことのない異様な陶酔を覚えてしまう。(シネマトゥデイ)



関連記事

テーマ: 映画レビュー

ジャンル: 映画

ドラマ(仏)  /  tb: 1  /  cm: 3  /  △top

コメント

先日はお疲れさま〜メリークリスマス★
男二人で飲み? 笑
コメントありがとう!TBは来てなかった、こないだのメビウスも来てないよ〜一応。^^

マチューさんも監督の奥様も良かった✨
二人芝居で魅せられたね〜

URL | mig #JTxNwRAU

2014/12/24 23:46 * edit *

あれ?TB行ってない?なんでだろう…
もう一回送るね^^
この2人はさすがだわ、相当力ないとみせられないよ。基本絵変わりもしないから絵でおまかせ無いしねぇ。

URL | Caine #5spKqTaY

2014/12/24 23:58 * edit *

TBありがとうございます!

TBありがとうございます!

URL | 別冊編集人 #t.MVuR7E

2014/12/25 11:26 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lovecinemas.blog100.fc2.com/tb.php/62-a67fb111
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

毛皮のヴィーナス〜複製そのものがマゾ?

公式サイト。フランス=ポーランド。原題:La Venus a la fourrure、英題:Venus in Fur。レオポルド・フォン・ザッヘル=マゾッホ原作、 ロマン・ポランスキー監督。エマニュエル・セニエ、 ...

佐藤秀の徒然幻視録

2014/12/24 21:18

△top