10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

MOVIE BOYS

  // 

映画が好きです。だから一生懸命観ます。面白いところをみつけて楽しみたいけど、時としてそれが出来ないこともあります。でもそれも映画です。

ゴジラ対ヘドラ/ここまでゴジラが窮地に! 

ゴジラ対ヘドラ1971年に公開されたゴジラシリーズ第11弾。特撮の神様・円谷英二の死後初めての作品だ。監督は坂野義光、前作に引き続き子供が主人公なのだが、メインキャストの一人に柴本俊夫(現在は柴俊夫)が出演している。低予算で制作された本作は、当時問題となっていた公害問題をド直球で扱った怪獣映画として名高い。シリーズ第4弾の『モスラ対ゴジラ』以来久々に1対1の戦いとなったこの作品の敵怪獣は、ヘドロの海から生まれた鉱物で出来た生命体ヘドラ。実在の生物や恐竜ベースではない怪獣は初めてだ。


それにしても過去ゴジラがここまで苦戦した姿は観たことがない。なにせ敵は鉱物生命体だけに必殺の放射能火炎が効かない。しかもヘドラは硫酸ミストを吐きながら飛行し、それに触れた人間はあっという間に溶けて死んでしまうほどで、さしものゴジラも苦しみのたうちまわっていた。しかも飛行形態から二足歩行形態に変身すると、ヘドロを吐き、コレまた食らうと硫酸を浴びたのと同じダメージを食らってしまう。何度も危機一髪…というかノックアウトされても立ち上がってくるゴジラの姿は正にヒーローそのものだ。

本作で久々にユニークなのは、ヘドロを倒す方法を人間が考えだすこと。一作目のオキシジェンデストロイヤー以来の人間の科学力の勝利といってもいいのだが、肝心要の時にこのシステムが使えない。ここで驚くべき光景が観られるのだが、それは何とゴジラと人間のコラボレーションだ。ゴジラの放射能火炎と人間のシステムが難敵ヘドラを倒すのである。今まで確かにゴジラはヒーローであり人間の味方ではあったが、あからさまに人間と協力したのは今回が初めて。(ゴジラ的には協力したつもりはないかもしれないが)

同じ低予算でも殆ど手抜き作品とも言える前作とことなり、ど直球とはいえキッチリテーマを据えてゴジラの戦いを描き出し、あまつさえゴジラが空を飛ぶという賛否両論の新シーンまで詰め込んだ本作は、作り手側の知恵の結晶だと感じた。それにしても劇中挿入歌に「クロム、カリウム…」と続き「ストロンチウム」まで出てきた時には、ある意味現代を思い出さずにはいられなかったよ。アップテンポな明るい歌なのが皮肉だった(苦笑)

公式サイトへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

ストーリー:海洋学者・矢野の元へ持ち込まれた不思議なオタマジャクシ状の生物。だが、ヘドロの海で採れたその生物は鉱物で出来ている脅威の生命体だった。その頃、海では船舶事故が相次いでおり、TVカメラには奇怪な海坊主のような怪物の姿が捉えられていた。矢野の研究によって未知の生物は合体・増殖を繰り返す事が確認され、海の怪物も同種のものと断定された。ヘドラと名付けられたその怪物は遂に港から上陸、工場地帯でスモッグを吸収していく。矢野の一人息子・研の呼び声に応じるかのように突如出現したゴジラはヘドラに戦いを挑むが、不定形のヘドラにはゴジラの放射能火炎も効果がない。ヘドラの肉片からは宇宙鉱物ヘドリュームが発見された。これが公害による廃液などをエサとして成長したものがヘドラだったのだ。液状のヘドラに対し、巨大な電極版による乾燥作戦が始まるのだが…。(allcinema)



テーマ: 映画レビュー

ジャンル: 映画

特撮(日)  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lovecinemas.blog100.fc2.com/tb.php/6-ad681b9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top