09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

MOVIE BOYS

  // 

映画が好きです。だから一生懸命観ます。面白いところをみつけて楽しみたいけど、時としてそれが出来ないこともあります。でもそれも映画です。

アオハライド/本田翼だけ観ていたい 

アオハライド別冊マーガレット連載の咲坂伊緒のコミックを実写映画化。中学の時に好きだったのに転校してしまった同級生が自分のクラスに戻ってくる。再会を機にまた恋が芽生える2人の姿を描いた青春ラブストーリーだ。主演はドラマ「ショムニ2013」の本田翼と『クローズEXPLODE』の東出昌大が演じている。監督は『ソラニン』『僕等がいた』の三木孝浩が務める。いきものがかりの主題歌にも注目だ。

三木孝浩監督の作品は前作『ホットロード』以外はほぼ観ている。この人、甘酸っぱいベタな青春ラブストーリーを撮らせるとホント上手い。宮崎あおいの『ソラニン』、吉高由里子の『僕等がいた』とか、上野樹里の『陽だまりの彼女』とか。前作の能年玲奈からヒロインは本田翼へとまたイイトコついてくるとしか言いようが無いね。男の方も今最も旬の若手俳優・東出昌大と来たら女子中高生が放っとかないんじゃないだろうか。といいつつ、いい年したおっさんの俺も青春キラキラ、甘酸っぱくて、胸がキュンキュン(古い?)するベタなラブストーリーは大好物だったりする。
アオハライド01
案の定、女子しかいない劇場の中、たったひとりおっさんはど真ん中の特等席を1時間前に買って一人で観てきましたよ。例によって話は解りやすい。主人公の双葉と洸は中学の同級生で惹かれ合ってたんだけど、ある日突然、洸は両親の離婚で長崎に転校し母親と暮らすことに。ところが、高校1年になって何と2人は同級生として再会する。母を病気で亡くした洸が東京に戻ってきたからだ。2人は再び惹かれ合うのだけれど、洸は母の死を自分のせいだと思い込んでいる。
アオハライド02
こんな自分は幸せになっちゃいけないと思い込もうとする洸。彼の笑顔を取り戻そうと双葉は奮闘するのだった。そんな折に、洸の長崎時代の友達・成海の父が亡くなる。彼女もまた両親が離婚し父と暮らしていた。彼女の気持ちが人一倍解る洸は、母への罪滅ぼしの意識もあって、彼女を支えて行こうと決める。一端は付き合えないと双葉をふる洸だったが内心はもちろん好き。好きあってるのに思い通りにならないもどかしさは、長崎への修学旅行で決着をみることになる。ま、もちろんハッピーエンドに決まってるけどね。お話的には観てればもう先はバレバレ。
アオハライド03
多分途中から脚本書いてって言われても多分出来るぐらいに(笑)でもね、この作品で俺が一番気に入ったのは吉岡双葉を演じる本田翼だからそんなことどうでもいい。前々から可愛いとは思っていたが、こんなに可愛いとは思ってなかった。笑った顔、怒った顔、拗ねた顔、驚いた顔、動揺した顔、泣いた顔、寂しそうな顔、落ち込んだ顔…揺れ動く女子高生の表情の全てがパーフェクトに可愛い。きっとそれは三木監督も解ってるハズだ。ってか三木監督だって絶対惚れてると思う。
アオハライド04
でなきゃあんなに彼女のアップが多いはずがない。手を変え品を変え角度を変え本田翼という女の子の良さを引き出すべく全力を傾けているのが凄く伝わる。また東出の洸がぶっきらぼうでクールな役だけに、口数も大きな表情の変化も少なく、それが余計に双葉をキラキラ輝かせていた。恋のライバルになる成海を演じた高畑充希はこちらは女優の成海璃子が主演した『書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-』で観たことがあったけど、この後『バンクーバーの朝日』の公開が控えている有望女優。
アオハライド05
嫌な女役なのにキッチリと、本当に嫌な子として演じていたよ。この子のおかげもあって双葉のイイ子だなぁ感?が増々増大したね。とにかく2時間の間、本田翼の可愛らしさを堪能しまくれるこの作品、登場人物に別に取り立てて興味が無いという人はそのうちテレビでやるのを待てばイイと思うけど、俺はもう一度観てきたいな(笑)
公式サイトへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←Click Pleae♪
ストーリー:中学時代、お互いに特別な思いを抱きながらも何も進展させることができないまま、離れ離れになった双葉(本田翼)と洸(東出昌大)。それをどこかで引きずりながら高校1年生になった双葉だったが、洸とまさかの再会を果たす。しかし、以前の彼からは想像もつかないそっけない態度や言動に戸惑いを覚えてしまう。それでも洸と向き合ううちに、ふと見せる昔のままの優しさに安堵(あんど)する双葉。やがて彼女は、自分の気持ちが再び洸に向き始めていることに気が付き…。(シネマトゥデイ)



関連記事

テーマ: 映画レビュー

ジャンル: 映画

コメント

こんにちは。

>全てがパーフェクトに可愛い。きっとそれは三木監督も解ってるハズだ。ってか三木監督だって絶対惚れてると思う。

って本当に思いました。
どの顔をとってもかわいかったですね~
私でさえ、くーーーーって思いました(笑)

URL | Nakaji #-

2014/12/28 20:56 * edit *

あはは、ほんまなりますよー。
実際ね、監督は女優に惚れるもので、それが監督の特権だ!と言ってる方もいるぐらいですもん。そうなったら、「どう撮ったらこの子は可愛く見えるだろう」って考えますよw

URL | Caine #5spKqTaY

2014/12/28 21:15 * edit *

こんにちは

本田翼ちゃんすごーく可愛かったですね。
あんな子に好かれたら絶対おちますね 笑
いかにも少女漫画!というお話でしたがきらきらしてて爽やかな作品でした。

えっと....今頃ですがKLYさんだったんですね。
最近気づきまして....すみません 汗
改めまして、今後ともよろしくお願いいたします~っ

URL | yukarin #-

2014/12/30 18:19 * edit *

Re: こんにちは

▶yukarinさん
めっさ可愛いです!そりゃもう落ちます。結婚してても落ちます。だって本田翼ちゃんですもの^^;
へい、KLYでございます。またまたよろしく^^

URL | Caine #5spKqTaY

2014/12/31 00:48 * edit *

> 案の定、女子しかいない劇場の中、たったひとりおっさんはど真ん中の特等席を1時間前に買って一人で観てきましたよ。

恥ずかしい奴め。
俺もそんな恥ずかしい奴の一人だ!

URL | ふじき78 #rOBHfPzg

2015/03/06 23:48 * edit *

▶ふじきさん

だろ!でもいいじゃまいか!

URL | Caine #5spKqTaY

2015/03/07 23:26 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lovecinemas.blog100.fc2.com/tb.php/55-c10d9da6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「アオハライド」@イイノホール

 日テレさん主催の試写会だ。客入りは8割位。客層は、下は幼稚園児位から制服姿の女子に加え、大人まで幅広い年齢層の観客が集まった。

新・辛口映画館

2014/12/14 17:12

アオハライド

江戸のかたきを長崎で討つ 公式サイト。咲坂伊緒原作、三木孝浩監督。本田翼、東出昌大、新川優愛、吉沢亮、藤本泉、高畑充希、千葉雄大、小柳友、岡江久美子。「ソラニン」、「 ...

佐藤秀の徒然幻視録

2014/12/14 20:30

若さの特権。『アオハライド』

咲坂伊緒のベストセラーコミックを実写化した青春恋愛映画です。

水曜日のシネマ日記

2014/12/14 23:39

アオハライド

中1の頃、お互いに淡い想いを抱きつつ、離ればなれになってしまった双葉と洸(こう)は、高2の春に再会する。 どこか人が変わってしまったような洸だったが、そっけない言動に隠された優しさは昔のままで、そんな洸に惹かれてしまう双葉。 そんな時、双葉が知らない洸の4年間を知る元同級生・唯が現われる…。 青春ラブストーリー。 ≪一生に一度の青春(アオハル)に乗れ。≫

象のロケット

2014/12/17 16:07

アオハライド

アオハライド '14:日本 ◆監督:三木孝浩「ホットロード」「ソラニン」 ◆出演:本田翼、東出昌大、新川優愛、吉沢亮、藤本泉、高畑充希、千葉雄大、小柳友、岡江久美子 ◆STORY◆双葉(本田翼)と洸(東出昌大)は中学1年生の頃お互いに淡い恋心を抱いていたが、洸...

C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜

2014/12/28 21:02

「アオハライド」:ど真ん中の少女マンガ世界

映画『アオハライド』、まさにど真ん中の少女マンガ世界ですね。学園ラブストーリーと

大江戸時夫の東京温度

2015/01/03 23:49

『アオハライド』をトーホーシネマズ六本木アートスクリーンで観て、凄いぞ本田翼ふじき★★★★

忘れちゃいそうだから、軽くポコポコ映画の感想潰していっちゃうぞ祭。 五つ星評価で【★★★★可愛いは力】   観終わった後のツイッターへの呟き。 「うわあおあうあおお ...

ふじき78の死屍累々映画日記

2015/03/07 00:06

アオハライド

【概略】 中1の頃、お互いに淡い想いを抱きつつ、離ればなれになってしまった双葉と洸。ふたりは高2の春に再会するが、洸は中学時代とは別人のように変わっていた。 ラブストーリー 正確にはアオハル=青春・RIDE(乗る)なんですね。一生に一度の青春に乗れという意味だそうだ。いい大人になった自分にはもう縁がなくて悲しいが、学生時代の自分に言ってやりたい。もっと青春を楽しめと。 ...

いやいやえん

2015/09/27 08:15

△top