09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

MOVIE BOYS

  // 

映画が好きです。だから一生懸命観ます。面白いところをみつけて楽しみたいけど、時としてそれが出来ないこともあります。でもそれも映画です。

メビウス/痛みよりも心が折れそう 

メビウス最近では『プンサンケ』、『レッド・ファミリー』などで製作や脚本をしている韓国の鬼才、キム・ギドク監督作品。浮気をした夫への怒りから息子の性器を切断してしまった妻とその後の家族の出来事を描いている。そのあまりの強烈な描写故に韓国本国でも上映制限がかかり、日本ではそこからさらに監督自身が7分カットしてなおR18指定で公開が決まったという衝撃作品だ。

映像的なグロさで言えば『チェイサー』の方が上回るだろう。しかし、敢えてセリフを排除し、うめき声、叫び声、そして環境音だけで描かれたこの作品は、かの作品に匹敵するほどの痛み、苦しみ、悲しみの感情が、濁流のように押し寄せてくる。ここの所キム・ギドク作品といえば割りと大人しめだったのだが、久々に監督の本領発揮だと言える。本国ですらその過激さ故にそのままでは映画の審査対象にもならず、12カットほど削って公開したそうだ。ところが日本ではその中から更に7分もカットしてようやくR18指定に収まった。これは児童ポルノ法に抵触するという見解だからなんだとか。
メビウス01
その心は…息子役のソ・ヨンジュが撮影当時15歳で、その彼が母親のおっぱいを触るシーンがあったからだという。毎度のくだらなさに呆れると同時に、この作品の本質を考えたらそのシーンが無い方がおかしいのは言うまでもない。ではどんな物語なのか。主な登場人物はは韓国上流階級の父、母、息子の3人家族。その父が雑貨店の女と浮気していることを知った母は、父の性器を切断しようとするが失敗。腹いせに息子の性器を切断してしまう。悲鳴と呻き声、切り取った性器を食べてしまう母…正直いって男なら考えたくもない惨劇だ。痛いとかそういう問題じゃない。
メビウス02
もう観ているだけで心が折れそうな気持ちになる。そのまま母はどこかへ消えてしまうのだが、息子を不憫に思った父親は性器がなくても射精に至る方法をネットで探し当てる。それは自らの肉体を傷つけることで絶頂に達するというもの。まあ簡単にいえばマゾヒズムってやつだね。ザラザラの石で足の甲をゴシゴシこすり血まみれになりながら絶頂に達する…しかしその後に訪れるいわゆる賢者タイムになれば当然激痛が自らを襲う。石でこすっているうちはマシで、父の浮気相手の女に好意を抱いてしまった息子は、何とナイフで肩を刺してもらって絶頂を迎えるんだ。
メビウス03
刺さったナイフを動かす時にたつクチャクチャした音はもう痛みと吐き気が同時に襲ってきた。そこまでして性的な絶頂感を得たいのだろうか。それはその状況になってみないと俺にはなんとも言えないが、今現在とうてい理解不能だ。ネットで探しまわった挙句、父は自分の性器を息子に移植してもらう手術をしてもらう。実はここからがこの物語のミソだ。そもそも何で息子が父の浮気相手に惹かれたのかといえば、それはその浮気相手の女が母親と瓜二つだから。ま要するに一人二役だったんだけどね。母親はあまりに錯乱した顔で、すぐに登場しなくなってしまうし、あまりに衝撃的な出来事と映像だったおかげで、俺はその女が母とそっくりだったことに中々気が至らなかった。
メビウス04
移植手術後にアダルトビデオを観ても勃たなかった息子の息子が(とか冗談言ってる場合じゃない…)その浮気相手の女だと勃つ。これは母親への愛と性と捉えるより、父の性器が母の肉体に反応したと捉えたい。よく言うでしょう、下半身は別人格って…。いやこっちはあながち冗談を書いているわけでも何でもないんだ。何故なら戻ってきた実の母親の裸で息子の性器は勃ってしまうから。それは背徳的で許されない欲だけれど、倫理観とかを取り払ったむき出しの精神はそれを求めるのかもしれない。父と母の性欲をもって息子は生まれ、息子は母に似た女に惹かれ、実際に母で勃起する。
メビウス05
彼らはそうやって延々とぐるぐる回っているだけのメビウスの輪だということだよね。そしてその輪から抜け出るためには自らの生命を絶つか、この息子のように欲望を実行する道具たる性器を排除し、煩悩を消し去るべく仏門にでも入るしか無いのかもしれない。もちろん科学的な根拠のある話ではないけれど、この作品はそうした科学的根拠に基づく事実の積み重ねは最初から放棄しているかのように描かれている、言ってみれば監督の空想世界、キム・ギドクファンタジーとも言えるんではないか。
公式サイトへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←Click Pleae♪
ストーリー:父(チョ・ジェヒョン)、母(イ・ウヌ)、息子(ソ・ヨンジュ)が暮らすとある一家。ある日、夫が浮気していると確信した妻は、夫の性器を切断しようとするが失敗。ところが怒りを抑えられない彼女は息子の性器を切断し、姿を消してしまう。途方に暮れる息子に、父は性器がなくても絶頂に達することができる方法を教える。ところが妻が戻ったことで…。(シネマトゥデイ)



関連記事

テーマ: 映画レビュー

ジャンル: 映画

ドラマ(韓)  /  tb: 6  /  cm: 4  /  △top

コメント

乳房

上映前のトークで「乳房に注目」というコメントがありました。
それで一人二役に気が付いたんだけどふつう気が付かない?
人工的な感じのモノで残念ながら勃ちませんでした(笑)
映倫の(近親相姦ぽいから)審査不能はまったく理解不能で即刻解散すべしと思いました。

URL | まっつぁんこ #L1vigvx6

2014/12/08 22:59 * edit *

だって…

最初の母親のシーンでバスト出てこないじゃないw何となく雰囲気は似てるなーと思ってはいたんだけど、そこじゃないところに気がいっちゃってたかな。あれ絶対豊胸だよね。横になってもびっくりするぐらい崩れないんだもん。あんなバストあり得ませんぜw

URL | Caine #5spKqTaY

2014/12/08 23:06 * edit *

こんばんは。

まっつあんのコメント、、、、なんだこりゃ  笑!!

私も胸でわかったけど
でもあれは豊胸だよね。いいけど、、、、

とにかくすごかった
セリフはなくて正解と思ったな★

URL | mig #JTxNwRAU

2014/12/15 00:23 * edit *

セリフがないことで際立った部分があるよね。
ナイフぐちゃぐちゃとか…。
しゃべると安っぽくなってしまったかもしれないからこれはこれでよかったと思うな。
あまりに解りやすい豊胸でびっくらだよw

URL | Caine #5spKqTaY

2014/12/15 01:56 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lovecinemas.blog100.fc2.com/tb.php/48-a525f28c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ギドクの問題作 『メビウス』 私は父で、母は私で、母は父である(意味不明?)

 キム・ギドクの最新作(第19作目)。  諸事情により公開が遅れている『メビウス』だが、新宿シネマカリテにおける映画祭カリコレ2014のクロージング作品として2回だけ上映された。  ちなみに今回のバージョンは、海外で一般的に出回っているインターナショナル・バージョンとは異なり、ギドクが一部を再編集した日本オリジナル・バージョンとのこと。劇場公開は今冬の予定。  出演は、ギドク映画の常連...

映画批評的妄想覚え書き/日々是口実

2014/12/08 21:16

メビウス

メビウス@シネマカリテ

あーうぃ だにぇっと

2014/12/08 22:48

「メビウス」感想

凄いもんを見せてもらいました。

ポコアポコヤ 映画倉庫

2014/12/10 19:01

メビウス/뫼비우스/MOEBIUS

韓国のキム・ギドク監督・脚本作 浮気された妻が怒り狂って、息子の性器を切るという衝撃的内容が先行してて そこ、ネタバレいいのかょーと思いつつ、 ギドク作品ということで気になってた。やはり衝撃的な人形を生み落とす友人、三浦悦子ちゃんも 気になってた...

我想一個人映画美的女人blog

2014/12/13 02:29

『メビウス』 (2013)

観る者を揺さぶる驚愕のギドク劇場! これぞギドク映画としかいいようのない複雑怪奇な珍品であった。 本作は、奇才の名を欲しいままにする韓国の巨匠、キム・ギドク監督が送る問題作。『嘆きのピエタ』(12)にてヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞してもなお、そ...

相木悟の映画評

2015/01/05 11:16

メビウス

MOEBIUS 2013年 韓国 83分 ドラマ R18+ 劇場公開(2014/12/06) 監督: キム・ギドク 『嘆きのピエタ』 製作総指揮: キム・ギドク 脚本: キム・ギドク 撮影: キム・ギドク 編集: キム・ギドク 出演: チョ・ジェヒョン:父 ソ・ヨンジュ:息子 イ・ウヌ:...

銀幕大帝α

2015/07/12 14:23

△top