10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

MOVIE BOYS

  // 

映画が好きです。だから一生懸命観ます。面白いところをみつけて楽しみたいけど、時としてそれが出来ないこともあります。でもそれも映画です。

フューリー/十字架の中心にある虚しい墓石 

フューリーブラッド・ピットが主演・製作総指揮を務め、『サボタージュ』のデヴィッド・エアー監督とタッグを組んで贈る戦争映画。第二次世界大戦末期にたった一両の戦車で300人のドイツ兵と戦った男たちの姿を描く。共演に『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』のシャイア・ラブーフ、『ノア約束の舟』のローガン・ラーマン、『グッド・ドクター 禁断のカルテ』のマイケル・ペーニャ、『オーバードライヴ』のジョン・バーンサルが出演している。

久々に本格的な戦争映画を観た気がする。フューリーってのはブラピたちが乗るM4シャーマン戦車に付けられた名前のことなんだけど、ブラピは今回この戦車の乗組員たちのリーダーを務める軍曹ドン・コリアーという役。ウォーダディーという通称通りで、新兵のノーマン・エリソン(ローガン・ラーマン)を「My Son」と呼び鍛えるってのが前半のストーリーだ。そもそもローガン・ラーマンが坊っちゃん坊っちゃんな顔してるんで、いかにも新兵らしくひ弱な所がイイ。ドンは降伏したドイツ兵を無理矢理殺させたりすることで、戦争の現実を教えこむ。
フューリー01
傍から見るとムチャクチャさせるなってとこなんだけど、結局それは仲間の命を守ることであり、ひいては自分の命を守ることなんだよね。戦闘シーンはもうこれが臨場感溢れていて心拍数が結構上がった!前部装甲に対戦車砲の砲弾が命中するも弾き返すとか、機銃の掃射なんかもその迫力に見入ってしまう。考えてみたらあんまり戦車戦の映画って観たこと無いかもしれない。さて、チームの残りのメンツ、ボイド・スワン(通称バイブル)やトリニ・ガルシア(通称ゴルド)、グレイディ・トラビス(通称クーンアス)たちは一癖も二癖もあるベテラン兵士たち。
フューリー02
こいつらもう戦争の狂気に染まっているのは観ればわかるけれど、でもそうでなければ生き残れないワケで。それを如実に感じたシーンがあった。制圧した街でとある女性2人とドン、ノーマンが食事をするシーン、そこに残りの3人が乱入し傍若無人で下品な振る舞いに及ぶんだ。食事中にも関わらず残虐な戦争の思い出話を始めるバイブルとクーンアス。最終的にドンは切れて怒鳴りつけるんだが、死と隣合わせの緊張感から一瞬開放された時に、美人2人とちょいと気取った食事を見せつけられた彼らは、思わず自らの狂気を内に保てず放出してしまったんじゃないだろうか。
フューリー03
ノーマンと女性の片方は互いに一目惚れし、ムフフな関係に。ところが、直後のドイツ軍の奇襲で彼女は殺されてしまう。彼はそれをキッカケに狂気に染まっていくんだよね。愛と狂気は裏表、当事戦争していた人々の大半はノーマンのような道を辿ったんじゃないかな。その後ドンたちは十字路を確保しろという命令を受けて三両のM4シャーマン戦車で出動する。そこに現れたのが当事世界最強と言われたティーガー戦車!次々撃破されていくM4シャーマン、ドンたちは機動力を生かして必死の応戦をする。もちろん戦闘機同士のドッグファイトほどスピード感はないけれど、重厚感溢れる主砲の応戦はかなりの見応えだ。
フューリー04
M4シャーマンの主砲ではティーガーの装甲を破れない、さあどうする!いやあ、不謹慎かもしれないが戦車戦は正に陸上戦の華だね。何とかティーガーを打ち破ったドンたちだったけど、十字路で地雷を踏んでキャタピラーが破損して動けなくなってしまう。さあ、ここからがクライマックスの5+M4シャーマンvs300人のドイツ武装SS大隊!まあハッキリ言えば結末は目に見えてる。動けなくなった戦車なんざ、いくら火力があったところでただの的に過ぎないからね。そもそも弾が切れたらただの鉄の箱だし。でも死力を尽くして戦い続ける5人の姿は熱かったよ。
フューリー05
5人が別れの酒を回し飲みするシーンでノーマンは“マシーン”というアダ名をもらうんだ。女も抱いて、ドイツ兵をぶっ殺し、酒も飲むという全部揃った“マシーン”って意味らしい。ま、もちろんそれは仲間に完全に受け入れられた証なんだけどね。これにてドンの教育完了!…でも完了した時が死ぬ時ということは、それじゃ何のための教育だったのか。“マシーン(ノーマン)”が完成し“マシーン(M4シャーマン戦車)”が壊れるってのも皮肉だな。序盤は相手に戦闘車両がなかったせいで敵を殺しまくる。戦車という兵器が歩兵に対してはどんだけ絶大な効果を持っているのかってのを見せつけられたわ。
フューリー06
ただやがて時はきた。所詮多勢に無勢、弾切れで流れが変わる。ラストシーン、実は感動の涙なんかない。何故かといえば、どんなに観ている側が彼らに入れ込もうが、所詮戦争においては1両の戦車と5人の戦車兵が死んだってだけだから。俯瞰で見下ろす残骸と化したM4シャーマン戦車は十字架(十字路)の中心にある。それは周囲にドイツ兵の死体が散乱している中にある虚しい墓石だったよ。

公式サイトへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ←Click Pleae♪



関連記事

テーマ: 映画レビュー

ジャンル: 映画

ドラマ(米)  /  tb: 26  /  cm: 6  /  △top

コメント

こんばんわ

戦争を一切美化していないところがこの映画のいいところ。
監督にとって戦争とは「辛くて怖い」だそうで、まさにその一点に絞って作られた作品でしたよ。

URL | にゃむばなな #-

2014/11/29 23:35 * edit *

そうですね、戦争の現実はこうなんだと直球で見せられたと思います。ドンが言ってましたよね、平和は理想だが現実的には殺さなければ殺されるといった意味のことを。
綺麗事に逃げない分、説得力がありました。

URL | Caine #5spKqTaY

2014/11/30 00:11 * edit *

神も仏も

Caineさん☆
イエスはヒトラーも愛せるのか?というシーンはなかなかでした。
信心深いバイブルでさえ、天国に行けたのか?
戦争を美化も悪ともしないのが確かに深く考えさせられる部分でしたね。
実は私、ボービントン戦車博物館に2回行ったことあるのを思い出したわ!
ティーガー戦車の実物を見てたの♪♪

URL | ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2

2014/12/08 18:36 * edit *

あらま!リアルでティガー戦車見たんだ!すげぇ!
何というか兵器であるとはいえ、戦車は男の子が一度は通る憧れの存在だと思うんだよねぇ。今は違うのかな?(笑)

URL | Caine #5spKqTaY

2014/12/08 20:37 * edit *

えっと、私は皆さん評価してるほど良いとも思わなかったんだけど 笑
後半は見応えあったよね、
ブラピがやっぱりおいしいなとは思わずにはいられなかったけど 笑

URL | mig #JTxNwRAU

2014/12/09 23:43 * edit *

うんまあでもツマラナイなとは思わなかったしね。
migさんの★6ってのも納得かなとは思うよ。
多分そんなに長く覚えてはいられないってのが正直なところだし。
ブラピがおしいってのは全く同意w

URL | Caine #5spKqTaY

2014/12/09 23:58 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lovecinemas.blog100.fc2.com/tb.php/40-d24a196f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フューリー〜プライベート・ノーマン

公式サイト。原題:Fury。デヴィッド・エアー監督。ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、アリシア・フォン・リッ ...

佐藤秀の徒然幻視録

2014/11/29 00:38

[映画『ヒューリー』を観た(寸評)]

☆・・・二週連続で名作に恵まれました^^(『インターステラー』に続いて。来週は『ヤマト2199』もある^^) その戦場の臨場感たるや、映画館を出たときは、身体が固くなっていました。 戦闘時の時間は、限りなく現実の時間の流れと近いです。 激闘のインターミッショ...

『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

2014/11/29 01:15

劇場鑑賞「フューリー」

残酷な戦場を、垣間見る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411280001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】オリジナル・サウンドトラック フューリー [ スティーヴ...価格:2,592円(税込、送料込) 【送料無料】【smtb-u】【新品】プラモデル 1/35 ...

日々“是”精進! ver.F

2014/11/29 06:13

「フューリー」

「フューリー」ジャパンプレミア TOHOシネマズ日劇1で鑑賞FURI2014-092今回公開2週間前のジャパンプレミアでしたが、この2日前にソウルで「フューリー」ワールドプレミアがあって、ブラピとローガンが挨拶してましたね。ブラピが韓国に上陸したのは初めてかどうかわからないけれど、ハリウッドの大作のワールドプレミアが韓国であるというのは初めての事らしいです。勿論アジアの大作は釜山映画祭などで...

てんびんthe LIFE

2014/11/29 10:37

「フューリー」

「フューリー」ジャパンプレミア TOHOシネマズ日劇1で鑑賞FURI2014-092今回公開2週間前のジャパンプレミアでしたが、この2日前にソウルで「フューリー」ワールドプレミアがあって、ブラピとローガンが挨拶してましたね。ブラピが韓国に上陸したのは初めてかどうかわからないけれど、ハリウッドの大作のワールドプレミアが韓国であるというのは初めての事らしいです。勿論アジアの大作は釜山映画祭などで...

てんびんthe LIFE

2014/11/29 10:37

「フューリー」みた。

ブラッド・ピットの主演、製作総指揮による戦争映画であり、第2次世界大戦時のドイツにて、”FURY(激しい怒り)”と命名された戦車と5人の兵士たちの生き様が描かれた物語。とにかく、戦争の何たるかがかなり

たいむのひとりごと

2014/11/29 15:46

フューリー

血と涙が轍となり命になる。  

Akira's VOICE

2014/11/30 16:28

フューリー

【FURY】 2014/11/28公開 イギリス 135分監督:デヴィッド・エアー出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、ジェイソン・アイザックス、スコット・イーストウッド 1945年4月――たった5人で、300人のド...

★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

2014/11/30 23:03

フューリー

ティーガー、固いなぁ。

だらだら無気力ブログ!

2014/12/02 00:45

フューリー

第二次世界大戦中の1945年、連合軍はドイツへの侵攻を進めていた。 連合軍の“フューリー(激しい怒り)”と名付けられたシャーマン戦車を指揮をするのは、各地でドイツ軍を蹴散らしてきた歴戦の猛者ドン・コリアー軍曹。 18歳の新兵ノーマンはコリアーの部隊に送り込まれ、仲間たちから手荒い歓迎を受ける。 そこは想像をはるかに超えた最前線の戦場だった…。 戦争アクション。

象のロケット

2014/12/03 00:34

フューリー

ブラッド・ビットの肝いりプロデュース作『フューリー』を観てきました。 ★★★★★ ネタバレ 幾多の戦場をくぐり抜けてきたフューリーの仲間たち。 くぐり抜けてきたという事は、数多の狂気の中で自我を保ってきたわけで、戦争の恐ろしさや醜さを一番知っていて、それは自分...

そーれりぽーと

2014/12/03 19:21

【映画】『フューリー』戦車戦の臨場感に震え5人の絆に泣いた

ブラッド・ピット新作『フューリー』観てきました。客層がいつもと違って兵士あがり風な男性が多かったのが印象的だったな。フューリー(2014)アメリカ原題:イギリス 監督:デヴ ...

シネマ・クレシェンド

2014/12/04 08:08

フューリー

試写会で観ました。第二次世界大戦末期、戦車"フューリー"で300人のドイツ軍に立ち向かった5人の兵士たちのお話です。ブラピの映画でとっても楽しみにしていて、てっきり1台の戦車で頑張っちゃう感動のお話なのかなと思ってたんですが、そんな生易しいもので...

はるみのひとり言

2014/12/04 22:10

フューリー・・・・・評価額1750円

この世の、地獄の果てに。 第二次世界大戦末期、“FURY(憤怒)”と名付けられた一台のM4シャーマン戦車に乗り組んだ、5人の戦車兵を描く、デヴィッド・エアー監督の超ハードな戦争大作。 物語を引っ張るのは歴戦の車長を演じるブラッド・ピットだが、実質的な主人公は手違いで戦車隊へと配属されたローガン・ラーマンの文系新兵だ。 観客は彼と共に過酷な戦場へと送り込まれ、135分の間泥まみれにな...

ノラネコの呑んで観るシネマ

2014/12/05 22:07

フューリー

1945年4月、ドイツ軍が最後の徹底抗戦を繰り広げていたヨーロッパ戦線で、戦況を優位に進める連合軍も、ドイツ軍の捨身の反転攻勢に苦しめられていた。 アメリカ製の中戦車シャーマンM4“フューリー号”を指揮する、ウォーダディーと呼ばれるベテラン兵士ドン・コリアー(ブラッド・ピット)は、戦死した仲間の代わりに、新兵ノーマン(ローガン・ラーマン)を引き受けることになる。 戦闘経験ゼロのノーマ...

心のままに映画の風景

2014/12/06 01:42

フューリー / Fury

ネタバレあり。 第二次大戦終盤の、欧州戦線における戦車乗組員の戦いを描いた映画。 この手の戦争モノでは、新兵が、先輩からのシゴキ、戦場の不合理・不条理、出会いと別れを経験して、一端の兵士になって行くというストーリーが定番だったりしますが、この作品もその...

勝手に映画評

2014/12/06 08:08

『フューリー』('14初鑑賞82・劇場)

☆☆☆-- (10段階評価で 6) 12月6日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 15:35の回を鑑賞。

みはいる・BのB

2014/12/07 12:26

『フューリー』

□作品オフィシャルサイト 「フューリー」 □監督・脚本 デビッド・エアー□キャスト ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフボイド・スワン、      ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャトリニ・ガルシア、      ジョン・バーンサルグレイディ・トラビ...

京の昼寝〜♪

2014/12/07 22:55

映画「フューリー」

2014/12/1、ユナイテッドシネマ豊洲。 最大の10番スクリーン。H列を選択。一度I列を選んでみたい。 *   ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、マイケル・ペーニャ、 ジョン・バーンサル、ローガン・ラーマン。 * 第2次大戦、欧州戦線も末期の194...

ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

2014/12/08 15:07

フューリー

★ネタバレ注意★  デヴィッド・エアー監督作品。  製作国は英米中の三カ国がクレジットされている模様です。  タイトルは主演のブラッド・ピットが搭乗する戦車の名前ですが、意味は「激おこぷんぷん丸」。文字通りブラピが激怒しているお話。  1945年4月。第二次大戦末期のヨーロッパ戦線。追い詰められたドイツは、捨て身の総力戦で徹底抗戦を繰り広げていた。優位な戦況ながら、ドイツ...

キノ2

2014/12/08 18:31

フューリー/FURY

「U-571」の脚本家で、キアヌ主演「フェイクシティ」(わたしはこれダメ)、現在公開中のシュワの「サボタージュ」 監督のデヴィッド・エアー監督&脚本×ブラピ主演、製作総指揮の戦争映画。 これまで沢山の戦争映画を若い頃から観て来たけど ここ...

我想一個人映画美的女人blog

2014/12/09 23:24

戦地の父、その息子たち~『フューリー』

 FURY  1945年4月、第二次大戦末期。ヨーロッパ戦線では、連合軍がドイツ軍を追 いつめていた。戦車 「フューリー号」 には、ウォーダディー(ブラッド・ピット) を中心として兵士たちが乗り込んでいたが、副操縦士の戦死により、新兵の ノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されて来る。  戦争映画は苦手なので、好んでは観ない。ブラッド・ピットも、特に...

真紅のthinkingdays

2014/12/15 21:10

フューリー

男たちがやけにかっこいいのだけど、戦争だからか、戦争じゃなくてもそうなのか・・

迷宮映画館

2014/12/18 10:32

ボーイズ&パンツァー デビッド・エアー 『フューリー』

すげえ。もう先週末観た映画の感想書いてる。こんなのいつ以来だろう… それはさてお

SGA屋物語紹介所

2014/12/18 22:58

映画「フューリー」激しい戦闘シーンの間に語られる人間というもの

映画「フューリー」★★★★ ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、 ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、 ジョン・バーンサル出演 デヴィッド・エアー 監督、 135分 2014年11月28日公開 2014,アメリカ,KADOKAWA (原題/原作:FURY)

soramove

2014/12/20 20:36

フューリー

フューリー '14:米 ◆原題:FURY ◆監督:デヴィッド・エアー「サボタージュ」「エンド・オブ・ウォッチ」 ◆出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、スコット・イーストウッド、ゼイヴィア・サミ...

C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜

2014/12/22 23:04

△top