10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

MOVIE BOYS

  // 

映画が好きです。だから一生懸命観ます。面白いところをみつけて楽しみたいけど、時としてそれが出来ないこともあります。でもそれも映画です。

ザ・レイド GOKUDO/刮目のアクションシーン 

ザ・レイド GOKUDOギャレス・エヴァンス監督による『ザ・レイド』の続編。インドネシアの格闘術シラットを駆使したハードバイオレンスアクションだ。主演は『キアヌ・リーブス ファイティング・タイガー』のイコ・ウワイスが前作から引き続き務める。共演にインドネシアの名優ティオ・パクサディウォ、アリフィン・プトラが、そして松田龍平、遠藤賢一、北村一輝といった日本人俳優が出演するのも見どころだ。

実はこの作品を観る前に『うまれる ずっと、いっしょ。』という命や家族の絆についてとても感動させられた作品を観たのだが、もうそんなの全否定するかのような作品だった(苦笑)久々にここまでハードなバイオレンスアクションを観た気がするよ。まあ前者も映画、コレも映画ってことで、今度は遠慮なくそのバイオレンスな部分を楽しませてもらったわ。あ、ちなみに俺は松田龍平が初めて外国人監督の作品にでるということで記事になっていたから観に来たわけなんだけど、確かに出ている。でも出ているだけで正直物語本線で果たす役割は全くない。要するにそこに存在している必要があるだけ。
ザ・レイド GOKUDO01
だからアクションもなんも全くないので期待しない方がいい。物語はインドネシアの街を舞台に、地元マフィアと新興のギャング、そして日本のヤクザが三つ巴でいるという状況。そこで主人公のラマは地元マフィアに潜入捜査官として潜り込む。話の構造としては別にさしたる目新しさもなかったのがちと意外だったかな。地元マフィアのボス・バンクンのやり方に不満を持った息子ウチョが、新興ギャングのボス・ブジョと組んで組織の実権を握ろうとするんだ。んでその為に協定を結んでいる日本のヤクザと自分の組織を仲違いさせようとするんだけど見事に失敗するってわけ。
ザ・レイド GOKUDO02
ただラマが潜入捜査していく目的は別にあって、それは地元マフィアの賄賂をもらっている汚職警官を根絶するための証拠をつかむってこと。でも結局その手の話は全く出ず、彼もまた三つ巴の謀略戦に巻き込まれてしまうんだね。結局その辺が話しとしてウヤムヤのままになってしまったせいで、どうも物語全体は締まらない印象になってしまったよ。ただ何回か見せるラマのシラットアクションは素晴らしい。潜入中の刑務所の中でのシーンや、クライマックスでの殺し屋との対決なんかは文句なく圧倒された。こんなに痺れたのは『チョコレート・ファイター』でジャージャーのアクションを見て以来だったわ。
ザ・レイド GOKUDO03
もちろんガンアクションも当然あるんだけど、何かってーとバンバカ撃ちまくるんじゃなく、剣やら暗器やら棍やらも登場し、果ては金槌とかボールとバットまで出てくるんだからどんだけアクションシーンに力を注いでるのかがわかろうってもんだよね。ところでこの作品の原題は『ザ・レイド2』なんだけど、当然1があったってことだよね。いつ公開したのか全然知らないんだけども、やっぱり見なおしておいた方がよいのかな。

公式サイトへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ←Click Pleae♪

ストーリー:上層部からマフィアへの潜入捜査を命じられ、組織と関わりのある悪徳政治家や警察関係者を暴き出すことになった警官ラマ(イコ・ウワイス)。囚人を装って刑務所に入った彼は、マフィアのボスを父親に持つウチョと出会って組織のメンバーとして迎えられる。だが、父親に対する反発と野心を募らせたウチョが新興組織と協力することになってから、裏社会で抗争が勃発してしまう。やがてラマは、ゴトウ(遠藤憲一)率いる日本人ヤクザ、ハンマー・ガールやバッド・ボーイといった特殊な殺し屋たちとの対峙(たいじ)を余儀なくされていく。(シネマトゥデイ)



テーマ: 映画レビュー

ジャンル: 映画

コメント

こんにちは

アクションには文句ないのですが、
へんにストーリー性をいれたせいで、テンポが悪くてダレました
個人的には一作目「ザ・レイド」のほうが面白かったです
前作は、ストーリー9割がアクションという話を廃した映画になっていて、
そりゃもう本作でもでていたマッド・ドッグとの戦いも良かったし、
なにより高層マンションでの強制捜査という
わかりやすい構図でした
そして一人一人倒れ、最後に主人公だけが残るという…
アクションも、前作のほうが見ごたえがあって、
ただでさえ胸熱にならなかったのに、本作では「あれなんでこうなっちゃってるんだろう」とみているはずなのに思ってしまう部分もあり…
どうやらそれは3作目で明かされるようなのですが(ラストの2時間前からの話だそうで)。
GOKUDOという冠も、いらなかったようなヤクザのみなさんでしたね

URL | maki #jQTfdwCM

2015/03/24 08:16 * edit *

▶makiさん

私は前作を観ていないのですが、そうですか、そんなに違うんですね。シラットアクションの部分が凄くて驚かされたんですが、仰るとおりお話は…。まあトニー・ジャーとかの作品とかと同じでそこ突っ込んじゃいけないんだろうなと思いながら観てたんです(苦笑)3作目もあるんですか。どうなんでしょう。私は2作目が初見なのでまだ大丈夫かもしれませんがw

URL | Caine #5spKqTaY

2015/03/25 00:21 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lovecinemas.blog100.fc2.com/tb.php/38-83dd448f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ザ・レイド GOKUDO』 (2013)

パワーアップせし、インドネシア産ぶっとびアクション第2弾! 続編のたしなみ方の難しさを、あらためて痛感する一作であった。 本作は、インドネシアから突如放たれ、アクション映画ファンを仰天させたウェールズ出身のギャレス・エヴァンス監督作『ザ・レイド』(1...

相木悟の映画評

2014/11/25 21:49

ザ・レイド GOKUDO

新人警官ラマは、悪徳政治家や上層部の汚職警官が賄賂を受け取った証拠をつかむため、潜入捜査を命じられる。 ラマは“ユダ”という偽名で刑務所に入り、マフィアのボスであるバングンの息子ウチョの信頼を得て組織の一員となった。 新興ギャングのブジョは、父親への不満を募らせるウチョを利用し、友好関係を保っていたバングンの組織と、日本ヤクザとの抗争を煽りはじめる…。 アクション・ドラマ第2弾。 R-15

象のロケット

2014/12/01 13:46

No.462 ザ・レイド GOKUDO

インドネシア発のバイオレンスアクションとして話題となった「ザ・レイド」の続編で、今作では、警察と政界支配を目論むアジアンマフィア、そして勢力拡大を狙う日本のヤクザの三 ...

気ままな映画生活

2014/12/07 21:38

ザ・レイド GOKUDO

【概略】 マフィアへの潜入捜査を命じられた新人警官のラマ。彼が身を投じた世界は、マフィア内部の確執やヤクザとの軋轢、新興勢力が入り乱れる修羅場だった。 アクション これ長いですよ、ほんとに。で、GOKUDOと冠ついてるとおり、日本人ヤクザがメインなのかと思ったら、日本人ヤクザ…別にいらないんでない?ってほど影が薄かった。 前作にあった終始ハイテンションなシラットでの戦いも...

いやいやえん

2015/03/24 08:08

△top