05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

MOVIE BOYS

  // 

映画が好きです。だから一生懸命観ます。面白いところをみつけて楽しみたいけど、時としてそれが出来ないこともあります。でもそれも映画です。

ニンフォマニアック Vol.2/トリアーの鬱三部作完結 

ニンフォマニアックVol2『アンチクライスト』『メランコリア』の鬼才、ラース・フォン・トリアー監督が色情狂の女性の人生を描いた問題作の後編。Vol.1同様シャルロット・ゲンズブール、ステラン・スカルスガルドを中心に物語は進む。こちらにはジェイミー・ベル、ウィレム・デフォーらも出演。色情狂といいつつも段々と性的な部分を超え、常軌を逸した行動に変わっていくジョーの姿が強烈な印象を与える。


さて後編は「第6章・リトル・オルガン・スクール」から。Vol.1でオーガズムを失ったジョーなんだけど、何とここで子どもが出来てしまうという。皮肉というか何というか、人生なんてそんなもんなんだろうね。しかも彼女は失われたオーガズムを取り戻すためにSMクラブに通い始める。このシーンも結構強烈で、ある意味セックスシーンよりキツイ。流石にムチで打ったり、グーパンチはしてないだろうけど、ビンタぐらいは本当にやってるだろうし。痛みが快感に変わるのかは知らないけれど彼女が必死なのは伝わってきた。
ニンフォマニアックVol2-01
何しろ赤ん坊を自宅に置き去りにしたまま深夜のSMクラブ通いしてしまうんだから。子どもよりも己の欲望に忠実というのは母親としては当然失格だけれども、一個の動物としては正しいのかもしれない。このシーン、驚いたことに『アンチクライスト』の子どもがベランダから落ちるシーンを思い出させる演出がされていた。BGMは全くあのまんまだったし。雪の降る中、スローモーションで落ちていく子どもの映像は未だに俺の脳に焼き付いて離れないけれど、あんなに苦しくやりきれない想いを今回はしなくて良かったと素直に思う。
ニンフォマニアックVol2-02
正直トリアー監督の鬱に付き合わされるのは堪らないからね。ところで『アンチクライスト』では我が子を失った妻を治療するセラピストの夫としてウィレム・デフォーが登場してきたが、今回もあ最終章の締めは彼が登場する。ジョーは例のSMクラブ通いのせいで夫と子どもを失い、やがて職も失うことになるんだが、第8章では借金取立て業を始めてしまう。でデフォーはそんな彼女に仕事を回す男だ。ある意味今回も彼はゲンズブールを助ける役を演じているといえるね。
ニンフォマニアックVol2-03
この章で語られる出来事がそもそもセリグマンとの出会いに直結してくるのだけれど、もはやこの時点では色情狂的な要素とか、性的な要素は直接出てこない。過激なSMプレイで性器は傷つき出血し、当然失われたオーガズムは戻らず、そして決定的に女性は年を取っていく。己の肉体の衰えはそのまま性欲の減少に繋がっていくのは色情狂だとしても一緒なのかもしれない。自分の一生を語り終えた彼女の清々しい表情が印象的だ。それは性的な欲求が一切ないセリグマンとの会話で、真の意味で告解ができたかからなのかと思わせたのだけれど…。
ニンフォマニアックVol2-04
甘かった(笑)流石キチガイ監督トリアー。そこは見てのお楽しみで!何でもこの作品で『アンチクライスト』『メランコリア』と続いてきた鬱三部作が終了するそうな。前二作に比べたら余程真っ当な気はするが、この監督、やっぱ凄い。

公式サイトへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ←Click Pleae♪

ストーリー:幼少時から自分の性器を意識していたジョー(シャルロット・ゲンズブール)は、15歳の時にバイク好きの青年ジェローム(シャイア・ラブーフ)に処女を奪われる。2年後、彼女は幼なじみのB(ソフィ・ケネディ・クラーク)と共に挑発的な服装で列車に乗り込んでは、男性を誘惑しては関係を持つゲームに興じるなど、過激で奔放な高校生活を送る。やがて印刷会社に就職したジョーは、そこでジェロームと再会。彼に恋心を抱くがほかの女性に奪われ、その反動から無数の男と体を重ねていくように…。(シネマトゥデイ)

【ソフトVer.】


【ハードVer.】


関連記事

テーマ: 映画レビュー

ジャンル: 映画

ドラマ(仏)  /  tb: 5  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lovecinemas.blog100.fc2.com/tb.php/21-8f3e46ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ニンフォマニアック Vol.2』 (2013)

問題児があざ笑う色情狂時代、後編! 性をテーマに哲学的挑発をしながら、結局のところ苦笑を禁じえない喜劇であった。 本作は、好き嫌いが分かれるも、嫌いな人もつい観に出かけてしまうお騒がせ監督ラース・フォン・トリアーが放つ問題作。4時間の長尺を誇る大作を...

相木悟の映画評

2014/11/09 17:21

ニンフォマニアック Vol.2〜孤高の性

文化としての性が剥がされる時 公式サイト。原題:Nymphomaniac:Vol. II。 ラース・フォン・トリアー監督、シャルロット・ゲンズブール。ステラン・スカルスガルド、ステイシー・マーテ ...

佐藤秀の徒然幻視録

2014/11/09 18:32

「ニンフォマニアック Vol.2」:尻すぼみの後編

映画『ニンフォマニアック Vol.2』は、『Vol.1』の「つづき」というか1本

大江戸時夫の東京温度

2014/11/09 20:59

ニンフォマニアック Vol.2/NYMPHOMANIAC: VOL. II

 「アンチクライスト」「メランコリア」の鬼才ラース・フォン・トリアー監督が、 色情狂(ニンフォマニアック)のヒロインの性の遍歴をシニカルなユーモアで描いた衝撃作の後編。 Vo.1の続きが公開されたので早速。  前作レビュー 1人の男を愛しながらも、様...

我想一個人映画美的女人blog

2014/11/09 23:55

ニンフォマニアック Vol.2

NYMPHOMANIAC: VOL. II 2013年 デンマーク/ドイツ/フランス/ベルギー/イギリス 123分 ドラマ/エロティック R18+ 劇場公開(2014/11/01) 監督: ラース・フォン・トリアー 『メランコリア』 脚本: ラース・フォン・トリアー 出演: シャルロット・ゲンズ...

銀幕大帝α

2015/05/16 22:32

△top