07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

MOVIE BOYS

  // 

映画が好きです。だから一生懸命観ます。面白いところをみつけて楽しみたいけど、時としてそれが出来ないこともあります。でもそれも映画です。

ニンフォマニアック Vol.1/意外とポップで楽しい?! 

ニンフォマニアックVol1『アンチクライスト』『メランコリア』の鬼才、ラース・フォン・トリアー監督が色情狂の女性の人生を描いた問題作の前編。主人公ジョーを演じるのは同監督の『アンチクライスト』でも主演したシャルロット・ゲンズブール。若いころのジョーをステイシー・マーシンが演じている。ジョーと語り合いながら物語は進むが、その相手をこれまたトリアー監督作品の常連ステラン・スカルスガルドが演じた。


鬼才と言うよりは本気で病んでいるとしか思えないラース・フォン・トリアー監督。今回はなんたって色情狂の女が主人公で、見る前からもうセックスセックスセックスという過激さが売りになっていた。が、実際見てみるとここ最近の作品の中でも普通に解りやすい作品だったと思う。少なくとも表面上は。基本的にはシャルロットが演じるジョーがステラン演じるセリグマンに自分の過去を話して聞かせるという形式の会話劇なんで、台詞による解説が多い分理解しやすいのだろう。
ニンフォマニアックVol1-01
物語は8章仕立てで、前編は5章。実はその殆は若かりし頃のジョーの出来事なので、演じているのはステイシーだったりする。スレンダーな姿はシャルロットの若いころによく似ているし、小ぶりなバストは結構エロチックだった。彼女の言う「私はセックス依存症ではない、欲望に従っているだけ」というセリフはとても印象的だ。依存症といえば“本当はやめたいけれど依存しないといられない”という意味であり、自ら望んでやっているのはまさにニンフォマニアック(色情狂)なのだから。
ニンフォマニアックVol1-02
自分を悪い人間だとして語る彼女。確かに彼女が自分の欲望に正直で貪欲であるが故に人生を狂わされる人間も出てくるのだが、そもそもセックスは1人では出来ないわけで。簡単にいえば相手をする男に問題がないハズがない。ま、そりゃ俺も男なんでジョーのような女の子に誘惑されて転ぶ男の気持ちはわかるけどね。「第1章・釣魚大全」で、男を誘惑する様子をフライフィッシングに例えて進む話に「上手いこと言うなぁ」と頷き、「第3章・H夫人」で寝取られたH夫人のヒステリックな姿に恐ろしさを覚えたり…。
ニンフォマニアックVol1-03
ちなみにこのH夫人を演じたのはユマ・サーマン。この人こんな役やらせたら超ウマイね(笑)要するに過激は過激だけれどアダルトビデオが氾濫する今の世の中では、どちらかと言うと良くある話レベルとして結構楽しみながらどこかクスリとしながら観れてしまったように思う。もっとも前編最後にジョーは何と不感症になってしまう。色情狂が不感症って、ある意味凄まじい拷問だよね。人生の全てを性的な欲求に素直に従って、いや強烈に求めて生きてきた人間が、ある日ある時突然全てを失ってしまうワケで…。
ニンフォマニアックVol1-04
ここからどうなるんだ?と思ったらVol.2はもっととんでもない方向に話が進んで行くのでした。しかし…それにしても映画でここまであからさまに性的な表現をしてくるのには驚かされたな。モチロン本当にオーラルセックスや挿入してるわけでは無いけれど、日本ではモザイクがかかってるのがあちらでは丸見えなのかな?アートというよりはグロの世界に入っている気もしなくもない。

公式サイトへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ←Click Pleae♪

ストーリー:幼少時から自分の性器を意識していたジョー(シャルロット・ゲンズブール)は、15歳の時にバイク好きの青年ジェローム(シャイア・ラブーフ)に処女を奪われる。2年後、彼女は幼なじみのB(ソフィ・ケネディ・クラーク)と共に挑発的な服装で列車に乗り込んでは、男性を誘惑しては関係を持つゲームに興じるなど、過激で奔放な高校生活を送る。やがて印刷会社に就職したジョーは、そこでジェロームと再会。彼に恋心を抱くがほかの女性に奪われ、その反動から無数の男と体を重ねていくように…。(シネマトゥデイ)

【ソフトVer.】


【ハードVer.】


関連記事

テーマ: 映画レビュー

ジャンル: 映画

ドラマ(仏)  /  tb: 5  /  cm: 2  /  △top

コメント

お久しぶり!!
KLYさんだったのね!
なんでまたBlog変えちゃったのかな?まぁ事情あるんでしょうね、
これ、シャルロット好きなKLYさんまだみないのかなーって思ってた。
vol2はまだみてないのかな?そちらはもっと彼女出てたよー
エロとは違うけどなんともすごい話しで
オチが思った通りだけど悪くなかったよー 😀

URL | mig #JTxNwRAU

2014/11/09 10:58 * edit *

どもどもー

お久しぶりw
ちょっとリアルが絡む事情が色々あってねぇ…
Vol.2はみたよ^^今日上げましたw
ま、トリアー監督だからね、真っ当な良かった良かった♪
なんてあるわけ無いとおもってたけどさ(笑)

URL | Caine #5spKqTaY

2014/11/09 17:23 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lovecinemas.blog100.fc2.com/tb.php/20-d3d2d406
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ニンフォマニアック vol1』 2014年10月15日 ヒューマントラストシネマ有楽町

『ニンフォマニアック vol1』 を鑑賞しました。 【ストーリー】  幼少時から自分の性器を意識していたジョー(シャルロット・ゲンズブール)は、15歳の時にバイク好きの青年ジェローム(シャイア・ラブーフ)に処 女を奪われる。2年後、彼女は幼なじみのB(ソフィ・ケネディ・クラーク)と共に挑発的な服装で列車に乗り込んでは、男性を誘惑しては関係を持つゲームに興じるなど、過激で奔放な高校生活を送る...

気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)

2014/11/08 18:21

或る日の出来事

2014/11/08 19:12

『ニンフォマニアック Vol.1』 (2013)

問題児が投げかける色情狂時代、前編! 生命の根源でありながら(あるがゆえに)、タブー視される性描写。そこに果敢に挑んだセンセーショナルな一作の登場である。 本作は、数々の問題作、問題行動で名を馳せるデンマークの鬼才ラース・フォン・トリアー監督作。『ア...

相木悟の映画評

2014/11/08 23:35

ニンフォマニアック Vol.1/ NYMPHOMANIAC: VOL. I

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「ドッグヴィル」 「マンダレイ」「アンチクライスト」「メランコリア」などの、 ”鬼才”と呼ぶにふさわしい監督、ラース・フォン・トリアーが インフォマニアック=色情狂 を題材にして放つ2部作の前編。 ...

我想一個人映画美的女人blog

2014/11/09 10:56

ニンフォマニアック Vol.1

NYMPHOMANIAC: VOL. I 2013年 デンマーク/ドイツ/フランス/ベルギー/イギリス 117分 ドラマ/エロティック/コメディ R18+ 劇場公開(2014/10/11) 監督: ラース・フォン・トリアー 『メランコリア』 脚本: ラース・フォン・トリアー 出演: シャルロット...

銀幕大帝α

2015/05/03 15:19

△top