05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

MOVIE BOYS

  // 

映画が好きです。だから一生懸命観ます。面白いところをみつけて楽しみたいけど、時としてそれが出来ないこともあります。でもそれも映画です。

劇場版 MOZU/劇場版はドラマ版あってこそに 

劇場版MOZU逢坂剛のベストセラー小説『百舌の叫ぶ夜』、『幻の翼』を原作にしたドラマの映画化。テロ事件で妻を失った公安警察官が、自らの妻の死の真相を追い求め、事件の背後にいる謎の人物“ダルマ”と対峙する。主人公・倉木を演じるのは『CUT』の西島秀俊、共演には香川照之、真木よう子、池松壮亮、小日向文世、長谷川博己ら実力派俳優がが出演している。更に映画版では松坂桃李、伊勢谷友介、ビートたけしらが参戦。監督は『海猿』の羽住英一郎が務めた。ドラマ時代(TBS・WOWOW)から15話に渡る物語がここに完結する。
劇場版から逆算され製作された作品
TBSとWOWOWの共同制作ドラマとしてスタートしたMOZUはシーズン1の全10話をTBSで放送し、シーズン2の5話をWOWOWで放送するというちょっと変わった枠組みでのドラマだった。有料放送のWOWOWとの共同制作ということもあり、明らかに一話にかけている予算が違うことが見ている映像からハッキリ解り、しかも物語的にもWOWOWらしい骨太のドラマだった。何しろドラマからしてあの『海猿』の羽住英一郎が監督するというのだからそれだけでもまさに映画クオリティだ。つまり今回の劇場版は最初からそこを目的に逆算されて作られたと言っていいだろう。いずれにしても、共同製作することで作品のクオリティが上がり、地上波も有料チャンネルも双方にWIN-WINの関係が築けるのならば、今後もこうした作品が沢山出てきて欲しい。

観るならば必ずドラマから全部観るべし
西島秀俊が演じる倉木は公安刑事。娘を事故?で亡くし、それ以来精神を病んでしまった妻・千尋を今度はテロ事件で亡くしたことで、彼はなぜ妻が死ななくてはならなかったのかという真実を追い求めることになる。倉木は屈強で頭の切れる刑事であり、ドラマ全15話の中で一応は妻の秘密にはたどり着く。彼の周りには様々な背景を持った人物が登場するのだが、それらの人物にどんな背景があり、どんな想いを胸に秘め、倉木とどんなふうに関わってきたのか、それはとても一言では言い表せない。今回登場してくる登場人物も新登場のダルマ(ビートたけし)、権藤(松坂桃李)、高柳(伊勢谷友介)以外は全てドラマから。必然的にドラマからの情報を脳内補完する形で観ることになるし、そうしなければ理解できないシーンやセリフも多々ある。従って、ドラマを観ないで劇場版をみても、随所に違和感はあるだろうし、本当の意味で楽しめるかと聞かれたら否と応えるしか無い。

前後編でもっと丁寧に物語を積み上げていれば…
劇場版は、要するにドラマで積み残したダルマの正体を明らかにすることで、それにともなってドラマ版での結論が若干修正されることになる。謎の全ては明らかにされることになるが、個人的には前編後編にしても良いので、もう少し丁寧に物語を積み上げて欲しかったと思った。なんだかワンクールドラマの総集編のようなのだ。ダルマ自体も思ったより出演シーンが少なく、日本を裏から牛耳っていたフィクサーと言うにしては、どうしてもその部分をビートたけしの演技だけに頼っていたように感じる。もちろん彼は演技派だが、キャラクターをセリフで説明しているだけなのだ。ドラマではあれだけ個々のキャラクターについてしっかり描いていたのに。新谷宏美に心酔している殺し屋・権藤も、その背景が描かれずいきなりそういうものだと登場してくるので、このドラマのファンであればあるほど既存のキャラクターとの親和性に苦しむだろう。

結局のところ、劇場版はドラマ版あってこそになってしまっていた。ドラマにどっぷり浸かり、倉木の背負う苦悩、辿ってきた苦難の道をしっかり理解していれば、劇場版でようやく彼が全てのしがらみから開放されたことに素直にほっとするし、ラストシーンで彼が電話に出る時の笑顔だったり、足取りまでもが、かつての彼とは異なることに、未来への希望を感じられるはずだ。エンドロールで挿入されているドラマシリーズのシーンに壮大なドラマが今終わったことを感じ、感慨無量だった。

>>公式サイト
>>シネマトゥデイ
関連記事

テーマ: 映画レビュー

ジャンル: 映画

ドラマ(日)  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

コメント

そうか、あの最後のスキップにはそんな意味が(嘘)。

まあ試しにどうだろうと一見さんで立ち向かってちょっとビックリするくらい分からなかったのには我ながら笑ってしまった。

ともかく凄いなと思ったのは小日向文世で、劇場版しか見てないと出てきた途端に退場するカメオ出演みたいになってます。きっとあの人、有能な人なんだろうなあ。

URL | ふじき78 #rOBHfPzg

2015/11/15 22:07 * edit *

▶ふじきさん

うん、びっくりするぐらい解らないと思う^ー^;
気持ちいいぐらいドラマ見てから見ろよって作品だよ(笑)
小日向さんは恐ろしく切れ者なのよ。
特にシーズン1では裏で暗躍する役なんで、西島さん、香川さん、真木さんの
メイン3人に次ぐ存在なのね。
だから俺も「あ、死んでもーた…」って驚いた。

URL | Caine #5spKqTaY

2015/11/16 02:45 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lovecinemas.blog100.fc2.com/tb.php/124-5d6a7def
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top