04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

MOVIE BOYS

  // 

映画が好きです。だから一生懸命観ます。面白いところをみつけて楽しみたいけど、時としてそれが出来ないこともあります。でもそれも映画です。

博士と彼女のセオリー/オスカーに恥じない名演技 

博士と彼女のセオリーブラックホールで有名な車いすの物理学者、スティーヴン・ホーキング博士とその妻ジェーンの出会いから別れまでを描いた伝記映画。主演のエディ・レッドメインは本作で歳87回アカデミー賞主演男優賞を受賞した。妻ジェーンを『あなたとのキスまでの距離』などのフェリシティ・ジョーンズが演じている。監督は『マン・オン・ワイヤー』のジェームズ・マーシュ。

彼の業績や何をしたかは詳しくは知らないが、それでも物理学者でブラックホールの権威、スティーブン・ホーキング博士の事は知っている。彼がALSで体の自由がないことももちろん。でもこのお話はそんなホーキング博士を主人公に据えてはいるが、彼を見つめ続けた元妻ジェーン・ホーキングの回顧録を元にした作品であって、そういう意味では伝記ラブストーリーといえるだろう。まずもって素晴らしいのが、この作品でアカデミー主演男優賞を受賞したエディ・レッドメインの演技だ。
博士と彼女のセオリー01
彼はホーキング博士を演じるにあたって、ご本人に会い、半年以上の時間をかけて博士になりきる役作りをしたという。少しずつ、ほんの少しずつALSが体を蝕んで行く姿を体現し、しかしその中でジェーンに恋をし、同時に物理学者としての閃きや知的な活動する姿を表現する。私は当然本物のホーキング博士にあった事などないが、正にこんな人なんだろうと思わずにいられないほどの説得力を持っていた。それにしてもあまりにもドラマチックな人生だ。余命2年の宣告を受けてもジェーンは彼と結婚を決意する。
博士と彼女のセオリー02
が、日々衰えて行く夫の姿と介護は美談とするにはあまりに過酷。彼女の手助けをする男性・ジョーンズが登場してからは、三者の愛情の絡み合いに心が痛かった。夫を心から愛しているジェーン、とはいえ若い時代の全てを彼に捧げてきた彼女が、彼女の気持ちを理解してくれるジョーンズを愛してしまう事を誰が責められるというのか。そしてそんな事はホーキング博士が一番良く解っているし、だからこそ2人の間の愛情を知りながら、一度は身を引いたジョーンズを再度呼び寄せる…。
博士と彼女のセオリー03
最終的にはホーキング博士はジェーンと離婚するが、それは愛が失われたからではなく、愛を返すためだったのだろう。「もう十分だ、君はもう十分私を愛してくれた、これから先は私のためでなく自分のために生きて欲しい」とその目が語っていた。エディの演技力はこうしたホーキング博士の気持ちを完全に表現していたし、それに答えたフェリシティ・ジョーンズたちの演技も負けず劣らず素晴らしいの一語に尽きる。ラストでホーキング博士が講演をするシーン、それまでの彼の人生が巻き戻る映像演出が何とも心を打つ。
博士と彼女のセオリー04
実はホーキング博士はタイムトラベル(正確には過去に戻る事)は不可能であると主張している。だがそこを敢えて映画では彼がジェーンと知り合った、言わばジェーンと二人で築き上げてきた彼の人生の原点に巻き戻るのである。「全てはここから始まった」と言わんばかりに。監督のジェームズ・マーシュは出来るだけ博士たちの現実の映像や写真を参考にして撮影したほどリアリティに拘ったが、この部分があるからこそこの作品はドキュメンタリーではなく映画なんだと思う。
公式サイトへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←Click Pleae♪
ストーリー:天才物理学者として将来を期待されるスティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)はケンブリッジ大学大学院に在籍中、詩について勉強していたジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出会い恋に落ちる。その直後、彼はALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症し余命は2年だと言われてしまう。それでもスティーヴンと共に困難を乗り越え、彼を支えることを選んだジェーンは、二人で力を合わせて難病に立ち向かっていく。(シネマトゥデイ)



関連記事

テーマ: 映画レビュー

ジャンル: 映画

イギリス映画  /  tb: 6  /  cm: 4  /  △top

コメント

こんばんわ

互いを想い過ぎた夫婦の話。
決して別れたくて別れたのではない、相手のために自らが身を引いた夫婦の話。
それが凄く美しく、切ないんですよね。
本当にいい夫婦ですよ、この2人は。

URL | にゃむばなな #-

2015/03/19 23:03 * edit *

▶にゃむばななさん

この2人って別れても夫婦だと思いません?俺は余人には理解できない部分で繋がっている夫婦なんじゃないかと思いましたよ。

URL | Caine #5spKqTaY

2015/03/22 00:42 * edit *

見事な演技

Caineさん☆
エディ・レッドメインの動かない表情の中に込めた感情表現が実に見事だったわー
次第に険しい顔つきが多くなっていくジェーンを、解放してあげたのも、自分以外の女性と楽しそうにしているスティーブンを認めるのも、ひいては互いを愛している=リスペクトしあっているからこそなのでしょうね。
欲情的に盛り上がって結婚したけど冷めた・・・みたいな夫婦の別離とは完全に違う、IQの高い偉大な愛を感じたわ。

URL | ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2

2015/03/25 10:51 * edit *

▶まだ~む

お互いを愛している、リスペクトしているからこそ他の異性との仲を認める。なんだか凄く別次元な感じがします。でも本当はそれが幸せなのかも正直解らなかったりします。哀しいじゃないですか。健康であればそんなことはなかったでしょうし。

URL | Caine #5spKqTaY

2015/03/28 17:51 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lovecinemas.blog100.fc2.com/tb.php/110-e79925da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

博士と彼女のセオリー〜愛のホーキング放射

公式サイト。イギリス映画。原題:The Theory of Everything。ジェーン・ホーキング原作、ジェームズ・マーシュ監督。エディ・レッドメイン、フェリシティ・ジョーンズ、チャーリー・コック ...

佐藤秀の徒然幻視録

2015/03/19 18:24

博士と彼女のセオリー

THEORY OF EVERYTHING [DVD]理論物理学者スティーブン・ホーキング博士と妻ジェーンの半生を描いた「博士と彼女のセオリー」。あざとさや感動の押し売りはいっさいない特異なラブストーリ ...

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

2015/03/19 20:41

博士と彼女のセオリー/エディ・レッドメイン

もともととても期待していた作品ですが先日のアカデミー賞中継を観ていてさらに期待度が高まってしまいました。天才物理学者スティーヴン・ホーキング博士の半生とスティーヴン・ ...

カノンな日々

2015/03/19 20:48

『博士と彼女のセオリー』

スティーヴンとジェーンの不器用なラブストーリー。 ブラックホールの消滅など現代宇宙論に多大なる影響を与えた「車椅子の天才物理学者」スティーヴン・ホーキング博士と、彼を ...

こねたみっくす

2015/03/19 23:03

博士と彼女のセオリー

スティーヴンとジェーンの“時間” 公式サイト http://hakase.link 原作はジェーン・ホーキングの回顧録「Travelling to Infinity: My Life with Ste

風に吹かれて

2015/03/20 10:09

博士と彼女のセオリー

【概略】 1963年、ケンブリッジ大学で理論物理学を研究するスティーヴン・ホーキングは、中世詩を学ぶジェーンと恋に落ちるが、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症、余命2年と宣告される。妻となった彼女の支えで研究を進め時の人となるが、介護と育児に追われる彼女とはすれ違い、病状も悪貨していく。 ラブロマンス 宇宙理論に大きな貢献を果たしたホーキング博士と、その妻であったジェーンと...

いやいやえん

2015/08/11 07:53

△top