03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

MOVIE BOYS

  // 

映画が好きです。だから一生懸命観ます。面白いところをみつけて楽しみたいけど、時としてそれが出来ないこともあります。でもそれも映画です。

ストロボ・エッジ/やせ我慢こそ男の格好良さ 

ストロボ・エッジ「アオハライド」などの人気漫画家、咲坂伊緒の漫画を実写映画化。同級生の蓮と彼に片思いしている仁菜子の姿を中心に、二人を巡る恋模様を描いた青春ドラマだ。監督は『さよなら歌舞伎町』の廣木隆一。主人公・仁菜子を『女子ーズ』の有村架純、蓮を福士蒼汰、その親友・安堂を山田裕貴、蓮の彼女・麻由香を佐藤ありさ、そして安堂の元カノ・真央を黒島結菜というフレッシュな面々が演じている。

『アオハライド』ではあまりに可愛い本田翼に魅了されまくった俺だが、今回は有村架純その人と言うより、彼女が演じる仁菜子にとても惹かれてしまった。本当にいい娘なんだよね。健気で一生懸命で、いつだって自分の想いを押し殺して周りのことを考える。でもそんな姿は現実に近い少女の姿じゃないかな。恋はワガママ、人を傷つけたって自分の想いを通したい…そんなラブストーリーが簡単にできたら誰も悩みはしない。仁菜子は極普通の子、そして有村架純自身はもちろん可愛らしいけれど、彼女が持っている普通な空気感、そこら辺の女子高生らしい空気感が実にピッタリあっていた。
ストロボ・エッジ01
彼女がいる蓮に片思いする気持ち。そして好きだと告白する気持ち。相手に彼女がいたって、自分の気持は誤魔化せない。相手に自分があなたのことを好きだってことを知ってもらいたい気持ちは、俺みたいなおっさんだっていつか来た道だ。心の何処かにもしかしたら自分のことを好きになってくれるかもしれない、いや自分を好きになってくれなくても、一緒の空間にいてくれることを許してくれるかもしれない、そんな淡い期待は大抵の場合は裏切られる。でもこの作品ではそんな仁菜子の気持ちは報われた。それは蓮の彼女・麻由香が大人だったから。
ストロボ・エッジ02
人は変わる。あんなに大好きだった人、でもその大好きな人よりも大切なことが出来てしまうことがある。恋を全てに優先させることが出来ない、それがもしかしたら大人になるってことかもしれない。麻由香は少しだけ早く大人になり、自立した女性として蓮の中に芽生えた仁菜子への想いを尊重する。でもことはそんなに簡単じゃなかった…。何だろうね、大好きで大好きで大好きでたまらないのに、思うようにはいかない仁菜子の恋。切なくて哀しくて、もどかしくて、そんな彼女の気持ちに心が締め付けられるようにシンクロしてしまう。蓮と彼の親友・安堂の過去にまつわる出来事が仁菜子に重くのしかかる…。
ストロボ・エッジ03
でもそこで最高に良い奴だったのが安堂だ。彼は仁菜子に片思いしている。彼女の心が蓮にあると解っていながら、彼もまた仁菜子への想いを告白せずにはいられない。でもだからこそ身を引く。教室で泣く安堂の姿は同じ男としては痛いほどに気持ちがわかるよ。苦しくて哀しくて、でも彼女が大好きだからこそやせ我慢して格好つける。そんな無様な姿が最高に格好いい。今も昔も青春の恋模様は何も変わらないんだな。whiteeeenの「愛唄」がどうしようもなく心に染みて仕方がなかったよ。
公式サイトへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←Click Pleae♪
ストーリー:高校1年生の木下仁菜子(有村架純)は、学校から帰る電車で女子生徒に人気の同級生・一ノ瀬蓮(福士蒼汰)と出会う。それを機に言葉を交わすようになり、冷たそうに見える彼の秘めた優しさに、これまで感じたことのない気持ちを抱く。恋愛経験ゼロの仁菜子は、これが恋であると悟る。蓮に年上の恋人・麻由香(佐藤ありさ)がいると知りながらも、自分の思いを懸命に伝える仁菜子。彼女を振った蓮だが、その真っすぐな感情に触れ、気持ちに変化が生じ…。(シネマトゥデイ)


関連記事

テーマ: 映画レビュー

ジャンル: 映画

コメント

ツイッターで今一つの評判だったけど、とりあえず見て有村架純の可愛さを廣木隆一が減じてない事だけは分かった。

いや、それにしてもわざとかと思うくらい、よく転ぶ子で、そういうのにまた、グッと来ちゃうんだよなあ。

URL | ふじき78 #rOBHfPzg

2015/04/23 08:36 * edit *

▶ふじきさん

廣木さんは本来はこういう作風じゃないんですけど、何故かこれ系多いんだよね。有村架純ちゃん、凄いよねブレイク具合が。今日からビリギャルだし。

URL | Caine #5spKqTaY

2015/05/02 14:13 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lovecinemas.blog100.fc2.com/tb.php/109-6bb1c560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top