07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

MOVIE BOYS

  // 

映画が好きです。だから一生懸命観ます。面白いところをみつけて楽しみたいけど、時としてそれが出来ないこともあります。でもそれも映画です。

幕が上がる/登場人物と一緒に成長するももクロたち 

幕が上がる平田オリザが発表した同名小説を大人気アイドル・ももいろクローバーZ主演で映画化。地方都市の演劇部員たちが、元演劇部の新任教師との出会いをきっかけに全国大会出場を目指す青春ドラマだ。監督は『踊る大捜査線』シリーズの本広克行。共演に『小さいおうち』の黒木華、『薔薇色のブー子』のムロツヨシ、清水ミチコ、志賀廣太郎らが出演している。

別に俺はももクロのファンではない。というか正直歌なんてワンフレーズも解らないし、メンバーだって赤の子(名前も知らない)しか解らない。でもこの作品は間違いなくアイドル映画何かとは一線を画した作品だった。正に青春ドラマ、この世代の子達の悩みや熱がももクロのメンバーたちによって溢れだすように描かれていたと思う。物語はとある高校の演劇部が舞台。彼女たちはもちろん好きで演劇をしているのだけれど、主人公の高橋さおり(百田夏菜子)は「なにかがちがう…」と感じていた。
幕が上がる01
そんな彼女たちの前に突如として登場するのが黒木華扮する新任教師・吉岡先生だ。元学生演劇界の女王と呼ばれていた彼女にさおりたちは指導をうけはじめ、やがて全国大会出場を目指すようになる。本広監督はこの作品を順撮りしたそうだ。そのせいもあって、序盤はももクロのメンバーたちの演技はいわゆるアイドル演技で、若いけれど実力派の黒木華がややもすれば浮いてしまうぐらいの差がありありと見えた。だから見ていてもどこか客観視してしまって物語に入って行きにくい感じは否めない。
幕が上がる02
だがそれでも見ていくに連れて気が付くとどっぷりとハマっていて、黒木華とのバランスもきちんと取れているあたり、ももクロメンバーたちの力もさることながら本広監督が彼女たちの内にある人間力のようなものを上手く引き出した結果だろう。吉岡先生は全国を目指すにあたって彼女たちにそれ相応の覚悟を求める。「楽しいばかりじゃない」と。実際頑張っても上手く演じられない、それを上手く出来る方向に導いてあげられないといった演劇場の苦しみだけでなく、思春期の子供たちらしい人間関係の悩みもみてとれる。
幕が上がる03
そういったことを少しずつ乗り越えていく姿、それはももいろクローバーZのメンバーたちがたどってきた道に重なるのかもしれない。そう、実際の彼女たちもこの作品の中で成長していくのである。ももクロと双璧をなすAKB48のドキュメンタリーが、そのものズバリの彼女たちの姿を映しだしているのならば、この作品は彼女たち自身が作品を完成させるという、表現者としての王道を行っているのかもしれない。いずれにしても共通するのは、心の底から頑張ろうとする人間のもつ熱いハートではないだろうか。
幕が上がる04
最初にも書いた通り、俺はももクロのメンバーは赤の子しかわからない。でもももクロだからではなくて、それ以前に百田夏菜子が、玉井詩織が、高城れにが、有安杏果が、佐々木彩夏がそれぞれ歌っている時同様に、全力で自分自身を込めた演技は、別に個別の人間を知ろうが知るまいが人を感動させうるのだと思う。何だかももクロの子たちが好きになってしまった。
公式サイトへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←Click Pleae♪
ストーリー:地方都市の県立富士ケ丘高等学校2年生の高橋さおり(百田夏菜子)は、部長を務める演劇部最後の1年を迎えようとしていた。それぞれに個性豊かな部員たちと共に年に1度の大会、地区大会突破を目標に稽古に励む中、元学生演劇の女王だという吉岡先生(黒木華)が赴任してくる。吉岡の指導の下、全国大会出場を目指し彼女たちの演劇に打ちこむ日々が始まる。(シネマトゥデイ)



関連記事

テーマ: 映画レビュー

ジャンル: 映画

ドラマ(日)  /  tb: 2  /  cm: 4  /  △top

コメント

こんばんわ

私も「ももクロ」に関しては全く知らない一人でしたが、そんなこと関係なしに楽しめる映画でしたね。
本当に普通の新人女優が5人出てきただけ。それがいいんですよね。

でもこの映画で一番素晴らしかったのはやはり黒木華さんですね。
もうこの女優さんから目が離せないですよ。

URL | にゃむばなな #-

2015/03/01 23:22 * edit *

▶にゃむばななさん

そうですね。びっくりするほど一本の作品の中で成長を見せてくれたと思います。それを引き出した本広監督もさすがだなぁと。黒木華さん、実は世代的にはももクロちゃんたちとそう変わらないんですよね。まだ20代半ばだし。でもこの上手さ。この世代にはイイ女優が多いですが、ちょっと遅れてきた名女優って感じになるのかな。

URL | Caine #-

2015/03/02 02:10 * edit *

こちらへは初めての書き込みです。

私もすっかり彼女たちにはまってしまいました!
小説も良かったですよ。

URL | スールー #b5.M5V.g

2015/03/22 20:42 * edit *

▶スールーさん

何とうちの会社の先輩の娘さんがちょっと出演してることが先日解りましてですね、教えていた本職の劇団員さんたちも驚いていたらしいです。彼女たちが人気がある理由がわかったと言ってたそうですよ。

URL | Caine #5spKqTaY

2015/03/25 00:17 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lovecinemas.blog100.fc2.com/tb.php/103-c2eb68f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

幕が上がる

公式サイト。平田オリザ原作、喜安浩平脚本、本広克行監督。ももいろクローバーZ(百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏)=主題歌も。黒木華、ムロツヨシ、清水ミ ...

佐藤秀の徒然幻視録

2015/03/01 22:37

『幕が上がる』

幕が上がる。舞台に人生を賭けた猛者たちの時間が始まる。 これはアイドル映画というよりも、直球ど真ん中の青春映画です。「ももいろクローバーZ主演」という看板がなくても十 ...

こねたみっくす

2015/03/01 23:24

△top